1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

一度は訪れたい個人美術館まとめ【20選】

国内にある有名画家、美術家、写真家などの個人美術館をまとめてみました。

更新日: 2012年12月24日

nakasagoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1290 お気に入り 165000 view
お気に入り追加

香月泰男美術館

香月 泰男(かづき やすお、1911年10月25日 - 1974年3月8日)は山口県大津郡三隅町(現・長門市)出身の画家。シベリア抑留の体験をモチーフに、薄黄色と豊かな墨色とのコントラストを基調とした連作を発表。作「埋葬」「黒い太陽」など。

横尾忠則現代美術館

横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。横尾が生まれ育った西脇の町
神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言(これはデザイナーは商業的であり、画家より格が低いという思想から。明確な両者の差はない)。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。

イサム・ノグチ庭園美術館

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)はアメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。
父は愛知県生まれの日本の詩人で慶應義塾大学教授の野口米次郎、母はアメリカの作家で教師のレオニー・ギルモア。

葛飾北斎美術館

葛飾 北斎(葛飾 北齋 、かつしか ほくさい、宝暦10年9月23日〈1760年10月31日〉? - 嘉永2年4月18日〈1849年5月10日〉)とは、江戸時代後期の浮世絵師。化政文化を代表する一人。
代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』があり、世界的にも著名な画家である。

ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館

いわさきちひろ(本名松本知弘(まつもと・ちひろ、旧姓岩崎)1918年12月15日 - 1974年8月8日、女性)は、こどもの水彩画に代表される福井県武生市(現在の越前市)生まれの日本の画家・絵本作家である。左利き。 つねに「子どもの幸せと平和」をテーマとした[1]。
初期作品には、岩崎ちひろ、岩崎千尋、イワサキチヒロ名義で発表されたものが存在する。夫は日本共産党元国会議員松本善明。孫は絵本作家の松本春野。

熊谷守一記念館

熊谷守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は岐阜県中津川市付知町(旧:恵那郡付知)出身の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。「二科展」に出品を続け、「画壇の仙人」と呼ばれた。

京都府立堂本印象美術館

1 2 3 4





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

アートとデザインを愛しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう