1. まとめトップ
  2. 雑学

なぜ騙される!?世にはびこるエセ科学

デトックス、セルライト、マイナスイオン、活性化水素、ゲルマニウム…もっともらしく「科学」を装い、無知な一般消費者をターゲットにした商売が蔓延っています。そんな「疑似科学」について、気をつけたいことをまとめました。

更新日: 2015年02月16日

432 お気に入り 252970 view
お気に入り追加

▼ 疑似科学とは

科学的方法に基づく、あるいは科学的に正しいと認められている知見であると主張されているが、実際にはそうではない方法論、信条や研究を指す

科学的根拠をうたうことで信用を得、商売に活用されている例が多い。これが悪用されると詐欺行為になる。

▼ エセ科学の一例

血液型性格分類

「ABO式の血液型で人の性格が決まる」というのはニセ科学

科学的な根拠が認められず、統計的に有意な差も認められない

「血液型性格判断」は日本独自のもの

例えば日本の芸能人のプロフィールになぜか「血液型」欄がある。これって異常なことなんです。

東京女子高等師範学校教授だった「古川竹二」の学説「血液型気質相関説」がルーツ

1927年に提唱され、一時は軍部にまで研究されたがすぐに科学的に否定され、その後は商売に広く利用されるようになった。

マイナスイオン

イオンという科学用語を使用してあたかも科学的に立証されているかのように誤解を故意に与える疑似科学・オカルト・霊感商法として関連物品の販売に使用されている

一見「科学用語」のようにみえる便利な「マーケティング用語」

科学的な標準定義がなく使用者により異なる意味で用いられているのが実態

製品表示の記述では、マイナスイオンに様々な意味・イメージが付与されており、各社でその定義はバラバラでした。

ホメオパシー

極度に希釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出すという思想に基づいて、病気の治癒をめざす行為

ホメオパシーを用いる事で、適切な医療行為を受けないこと、あるいは本来の用途を逸脱してホメオパシーを用いたことが要因となる事故も発生しており、社会問題となっている。

プラシーボ(偽薬)効果以上の効果はない

精神的な安心感を得ることで何らかの改善が得られる、プラシーボ効果で説明ができる。

ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム(原子番号32 Ge)を含む化合物を溶かした40-43度の湯に、15-30分程度手足をつけて温浴を行う入浴方法

血行促進、発汗、冷え性・肩こりの改善、体内の酸素を豊富にするなどの効能がうたわれていますが…

ゲルマニウムの効能には科学的根拠がない

単なる温熱効果、入浴効果によるものであり、ゲルマニウムは無関係であると考えられている。

デトックス

体内に溜まった毒素を排出させるという健康法で代替医療に分類される

近年ダイエット商材などでブーム。

科学的な立証はされていない

何人かが「これは良かった」「これは効いた」といえば、「効果は人によって異なります」とテロップを出しておけば切り抜けられるのが日本の健康産業・美容産業らしい。

コラーゲン

Photo by Jupiterimages / Pixland

世間一般で謳われている美肌効果は誰もその効果を担保していない

皮膚表面に塗布することにより潤いを感じることはできると思われるが、塗布したコラーゲンが皮下に吸収・利用されることはありえず、プラシーボ効果以上の効果は見込めない。

体内で分解されず、腸管からは吸収されにくい

経口摂取で皮膚に効果が出ることはありません。むしろサプリメントなどによる過剰摂取はアレルギーの原因にもなり得ます。

▼ なぜ騙されるのか?

1 2





このまとめへのコメント1

  • pommerさん|2012.11.13

    科学的根拠がなくても実際に効果がある現象とか、専門家の意見がコロコロ変わるものもあるのもまた事実。物によってはその手の学会が認めたくないから認めないというものも昔からあって難しい。天動説が主流だった時の地動説は「エセ科学」でした。感情でなく冷静に分析して実証した結果で証明して欲しいですね双方ともw

1

質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう