1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【インテリア】一人暮らしのあなたの部屋が狭い理由

6畳の部屋もインテリア次第で、広く感じさせる事ができます。配置、色、高さをポイントに圧迫感の出ないインテリアテクニックをご紹介いたします。友人を呼びたくなる部屋へ変身しましょう!!

更新日: 2012年12月09日

sasarianさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5993 お気に入り 1798966 view
お気に入り追加

はじめに

6畳の部屋もインテリア次第で、広く感じさせる事ができます。
配置、色、高さをポイントに圧迫感の出ないインテリアテクニックをご紹介いたします。

本内容の流れとしましては、
基本テクニック~具体例テクニック~画像を使ってのテクニック例
という流れでご紹介いたします!

基本的な事

まずは基本的なことから。
面倒ですけど、これを読むと読まないとでは、部屋のつくりが全然違ってきます!

インテリアの占有面積は、部屋の床面積の三分の一程度にし、部屋全体にインテリアを配置するのではなく、部屋の片方にまとめて配置してオープンスペースを作りましょう。

本棚などは手前に。ベッドは奥に置くのがベターです。

基本的に、部屋全体のベースになる色を壁に近い色でまとめると、圧迫感は薄れます。例えば、白い壁紙が使われている場合は、家具も白を基調にしたものにすると部屋全体がなめらかに見えますので、すっきりと広い印象を与えることができるのです。

重い色は精神的も良くないと聞きますもんね。

すべての家具を低くそろえずに、座った背後の方向だけに背の高い家具を置くことをおすすめします。

こういう考え方もありますね。

実例集

じゃあ、実際どうすればいいのよ?ってあなた!
ご心配無用でございます。
実例集もまとめさせていただきますので、ご安心ください。

画像で見るお手本インテリア

ここまで来れば、後はどういうイメージでインテリアを揃えるかだけだと思います。
画像を見て、是非ご自身に合ったイメージを探してください!!

家具は低く。同系色+重たすぎない色でイメージを軽く。お手本のようですね。

黒っぽくても置き方次第でよく見える好例だと思います。

画像で部屋を広く見せる方法。
鏡を置くのと同じ手法ですが、発想が面白いですね!

出典nanapi.jp

暗い色目で男性向けですが、TVを壁掛けにしたり、広々とする工夫をしています。

アジアン系ってごちゃごちゃしている状態と親和性がいいです。
部屋が汚い人にはある意味お勧めです。

緑と白の軽い感じが圧迫感を軽減。

出典reroom.jp

落ち着きそうです。
物は多いですが、全体的に低めの家具ですっきりしてます。

茶色は暗くてもアースカラーなので、重たくなりすぎません。

ソファがシンプルで、部屋がすっきりとします。
部屋の大きさに合わせて、ソファを買えばこんなにすっきりするんだという、いいお手本だと思います。

出典aflat.jp

これでもか!というほど低く整えられたインテリア達。
でもアジアンなので、低くなるのは必然性がありますし、全然違和感が無いです。
すごい広く見えますね。

1 2 3





sasarianさん

好きなものをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう