1. まとめトップ

無断転載・ブログが盗作された時の対処法・通報窓口一覧

アフィリ目的のサイトに、ブログの内容を無断転載された場合の対処法です。ブログ運営会社の通報窓口がわかりにくい場所にあるのでまとめました。悪質な場合はgoogleへ申し立てを。[6/27]Chrome機能拡張と、オリジナルドメインの通報の仕方を追記しました。

更新日: 2013年07月27日

18 お気に入り 27794 view
お気に入り追加

ショートカットリンク

・Google八分・検索結果から除外する方法http://matome.naver.jp/odai/2135300256109402201?page=2

【STEP1】コメント・メッセージ機能で削除要請を行う

個人ブログでの盗作(丸ごと転載)を見つけた場合は、運営者へのコンタクトを。良識のある方なら、すぐに削除してもらえます。

一方、悪質性の高い運営者や業者が運営している場合、問い合わせやコメント機能を設置していないことも。連絡が取れない場合は、各ブログ運営会社へ通報してください。

【STEP2】各ブログ運営会社の権利者向け通報窓口

権利者本人の通報が必要です。

著作権・肖像権の違反は親告罪のため、原則的に第三者の通報では、取り合ってもらえません。
(社会的な反響の大きさをもとに、ブログ運営会社が独自の判断で例外的に応じるケースもないとは言えませんが…)

【オリジナルドメイン】WordPress等でブログを立ち上げている場合

オリジナルドメインを取得している場合は、WHOIS検索でドメインの利用者を特定します。

稀に、ドメイン管理会社の匿名オプションを用いている場合がありますが、その場合はドメイン会社へ通報・削除要請を行います。(プロバイダ責任制限法に基づき、情報開示請求も可能です)

【おすすめ】Adsense違反通報or検索スパムとして通報する

Googleへの通報は3種類あります。
ここでは、Googleアドセンスの違反通報、スパムレポート、DMCA侵害申し立て方法の3つ紹介します。

1 2





ペチャ顔の猫Snoopyの動画がおすすめ♡



  • 話題の動画をまとめよう