1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

成長Webサービスを影で支える「グロースハッカー」ってどんな人?

Faebookにも、Twitterにも、Quoraにもいるという「Growth Hacker」(グロースハッカー)。ユーザー増加をハッキングする新しい職種のようです。マーケッターとエンジニアの中間のような存在で、ユーザー増に貢献するであろうPDCAを最速で回す役割を担う、と言われています。

更新日: 2013年12月18日

narumiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
396 お気に入り 70290 view
お気に入り追加

◆「Growth Hacker」=新しいマーケッター

Growth Hackerがマーケティング部門にいれば、
 次々に登場するソーシャルメディアを使いこなしていけるに
 違いありません

これからの成功企業は、
 "Growth Hacker"を擁した企業である

◆Growth=「ユーザー獲得」

growth hackerとは端的にいえば、
 プロダクトを通じてDate Drivenで
 ユーザーを増加させていくスペシャリストのこと

右がその人物、Andrew Johns氏。
Facebookのユーザー数を7400万人から5億人に増やす役割を担った。

TwitterのGrowthチーム立ち上げを経て、現在はQuoraでGrowthチームを率いる。

以下のツイートは来日時の講演
http://onlabandrewjohns.peatix.com/

今日はユーザー数を5億人にしたFacebook獲得チーム初期メンバーであるAndrew Johns氏来日講演, "Facebook, Quoraのユーザー獲得チームの秘密"に参加!始まりました! ptix.co/QJukvy #on_lab

FbにおけるGrowthチームのミッション

ファイナンスチームの役割がキャッシュフローの調整であるように、ユーザー獲得チームの役割はユーザーのフローを最適化する事。 #on_lab

ユーザー獲得チームにとって一番大事な仕事は、外部のメディアなどに頼らず、自力でユーザー数を増やし続ける仕組みを構築すること #on_lab

最も重要な指標は、「アクティブユーザー増加数 ー 非アクティブユーザー増加数」。つまり、ユーザーの流入を、流出より高く保つということ。 #on_lab

・Churned 非アクティブユーザ(Facebookの定義では29日以内でログインしていないユーザー)
・Signups 新規獲得ユーザ数
・Deactivated やめた(退会)ユーザー
・Resurrections 30日以上たって戻ってきた復活ユーザ
・NetActive 差し引きしたアクティブユーザー。(2+4-1-3)

Six Apartブログより
http://blog.sixapart.jp/2012-09/user-growth-kpi.html

具体的な施策の一部

メールは、非アクティブになってしまったユーザーを復活させるために非常に有効 #on_lab

もちろん、メールを送ることに対しても常にデータをとっている。その結果、何故だかわからないが火曜の14時が一番レスポンス率がいいんだ。だから、メールは火曜に送っているよ。

「FacebookやQuoraではメールマーケティングにどのように取り組んでいるのか」という問いに

ランディングページは色々な要素を詰め込みがちだが、サインアップボタン以外を押したユーザーが登録することは殆ど無い。サインアップさせた方がサービスの内容も分かるし、まずは登録させた方が良い。ランディングページはシンプルに、即登録させるような構成が良い。 #on_lab

自分の家に入ってきて欲しい時に、なんでこのドアを開けるべきなのかの張り紙を貼るよりも、ドアを開けて待っているべき

Twitterのサインアップ画面を極力シンプルなものにした経験から

ユーザーが「どこから」「どのページに来たか」に応じて、サインアップフローと、サインアップ後に提示する「サービス内で出来る事/最初の体験」を調整する事で、アクティブ率を高められる。そのためにも、フローをチャートなどで可視化する事が重要。 #on_lab

ユーザー登録ボタンの隣に、Facebookのプラグインなどを使って「このサービスを使っている友達」を表示すると、サインアップ率が2割近く上昇する。 #on_lab

◆エンジニアか、マーケッターか?

Photo by Photodisc / Photodisc

マーケティングの知識を持ったエンジニアか、
エンジニアリングのスキルがあるマーケッターか。

どちらでしょうか。

日本語で表現するならユーザー獲得担当のエンジニアや副社長といったポジションになる。

「グロースハッキングは、まとまったツールの集合というよりは、思考法を指している」という。つまり、必要にかられて学習した個々の専門分野の集合ということだ。

マーケティングの課題をエンジニアリングで解決し、ユーザー獲得やサービス成長を仮説検証から施策実行までを通じて実現する人材。

コードを書いて課題を解決するマーケター、あるいはマーケティング課題を解決するエンジニア。

◆こんなところから始めてみよう

賢い人達をひとつの部屋に集める。そこからブレストして施策を200-300ほど仮説(テスト)を出す。

その中から短期間に効果を発揮しそうな施策を選び、その後エンジニア・デザイナーが実装に時間がかからなさそうな施策を選択する。

ユーザーフローの最適化で大事なのは、「すべき事」のリストを作り、より手軽でかつインパクトが大きいと思われるもに絞り込み、とにかくテストを重ねること。 その施策に意味があるかは、ユーザーデータが教えてくれる。 #on_lab

1 2

関連まとめ





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • stamperさん|2012.12.24

    これは良いまとめ

1

所属する組織とは関係なくまとめてます。「まとめ人の所属を明示しないと適切に判断できない」という人は無視してください。

まとめリクエストは↓
narumi789 [at] gmail.com

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう