1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

スーパーで会計が早いレジの見極め方

スーパーはコンビニと違い、買う商品の数が多くなるため、レジも長蛇の列になりがち。買い物が増える年末こそ、レジで待つ時間を減らしたい!

更新日: 2012年11月21日

thrashさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
717 お気に入り 415236 view
お気に入り追加

まずはレジ台の見極め

レジ打ちとサッカーの2人組がいるレジも狙い目

サッカー(Sacker)とは、袋詰めをする店員のこと。

電子マネーが使えるレジを選ぶ

自分が電子マネーで会計できるなら、現金を出すよりもかざすだけで済む電子マネーの方が断然早い。

店員の熟練度も見分ける

同じ店に行くならレジのベテラン店員を見極める

店員の顔を覚えておくと、次並ぶ時の基準になる。

ハキハキした声で接客している店員はレジが早いことが多い

レジに並んでいる人数が同じくらいなら、テキパキと対応している店員を選ぶと待ち時間が少ないことが多い。

実習生でも年長なら、レジが早いことがある

その店では見習いでも、前職などで経験を積んでいることがある。

普段レジで見かけない店長などがいるレジは避ける

店が混雑すると店長やマネージャーがヘルプに入ることがあるが、レジに慣れておらず、早さよりも丁寧な接客をすることが多い。

並んでいる客もチェックしないと失敗する

並んでいる人のカゴの中身をチェックする

すいているレジでも、前の人がカゴいっぱいに商品を入れているなら、時間がかかることがある。
並んでいる人が多くても、1人1人が1、2商品なら、かなり順番が早く回ってくる。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

thrashさん



  • 話題の動画をまとめよう