1. まとめトップ

eラーニング事例

※関連情報

eラーニングシステムに最低限必要な要素は、「教材・学習材」と学習者であり、eラーニングの専用システムとしては iStudy に代表される自習システムにみることができる。

自習システムの特殊な例として、コンピュータソフトウェアのチュートリアル機能があげられる

eラーニングシステムにおける学習管理システム
LMS (Learning Management System)

eラーニングシステムにおける学習管理システムは、教師などによる教材・学習材の保管・蓄積、学習者への教材・学習材の適切な配信、学習者の学習履歴や小テスト・ドリル・試験問題の成績などを統合的に管理するもので、一般に LMS (Learning Management System) と呼ばれる。

eラーニング 利点と欠点

・学習者側
同時間、同一場所に集まる必要がなく自由な時間場所で学習できる
自分のペースや達成度に応じて学習を進めることができる
・教師側
成績管理などの自動化が図れる
教師は必ずしも必要はない

また、集合教育よりも、スケールメリットを生かせる分、低コスト

・学習者側
学習意欲の持続が難しい 
質疑などその場での問題解決がしにくい
教師やほかの学習者との交流がとりにくい
・教師側
学習者の状況をデータからしか把握できない
教材・学習材の作成の工数が大きい

また、現在のところ、eラーニング教材・学習材の内容は、実技を必要とするような科目に向かないと考えられている。

技術者向けeラーニング

日本e-Learning大賞

タブレット時代のeラーニングの形~電子ブックで効果的なeラーニングを~

『ActiBook』が持つログ解析機能を利用することでページごとの閲覧数や滞在時間の集計も可能。

プログラムジュークボックス型e-Learningシステム

Moodleはインターネット上で授業用のWebページを作るソフト

■ 総務大臣賞- 横浜市消防局総務部企画課
「消防本部における戦略的Moodle活用事例」
本取り組みは大規模な政令指定都市である横浜市の消防局全体を対象として、その業務上の性格および職員の特性を巧く活かし、かつ職員自らが積極的に参加する学びの場をオープンソースのLMSを活用して実現した大変に実用的で組織力の向上の観点からも先進的な取り組みである。消防局という地域的に分散した環境でかつ24時間2交代の勤務体系という職員の全員参加の取り組みの実施という観点からはネガティブな要素にもかかわらず、職員のモチベーションを引き出し、職員の立場から日常的に有効なシステムのあり方を追求し、それが実現できているという自治体における取り組みのベストプラクティスモデルとなりうるものであり、相互作用性/マネージメント性について特に優れた提案である。とりわけコンテンツそのものが現場スペシャリストのノウハウの集積であり、継続的運用の中でナレッジマネージメントのコアシステムとして成長してゆくモデルの実践と成功が、望ましい組織内e-Learningシステムとしても評価されるべきものである。

■ダウンロード
http://moodle.org/downloads/

■コミュニティディスカッション(日本語)
http://moodle.org/course/view.php?id=14

■Moodle研究会(仮)
http://www.moodle-collegium.org/

■日本ムードル協会
http://moodlejapan.org/home/index.php?lang=ja

1 2 3




【画像あり】清水芹夏(きよみずせりか)24歳で麻薬の王様・コカインで逮捕 王様のブランチレポーター
http://matome.naver.jp/odai/2141655931331987801

このまとめに参加する