1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【まさに絶景】一度は見たい!日本国内の時間・季節限定の観光名所、イベント

国内にある死ぬまでに行きたい観光名所の第2弾!今回は行ってみたい観光名所の他、時間や季節限定の名所、祭事に注目してまとめました。日本に素敵な場所はまだまだある!

更新日: 2014年07月12日

kazu35さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6591 お気に入り 1642268 view
お気に入り追加

GoogleMap:http://goo.gl/maps/0SLg8

オホーツク海の流氷は、アムール川から流れ込んで塩分が低くなった海水が凍り、凍る過程で塩分が排出されたものといわれる。
日本での流氷初日は、平年では北海道のオホーツク海沿岸で1月中旬から下旬頃であり、その後1月下旬から2月上旬頃にかけて接岸する。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/SS309

約23haの広い土地に130万本という国内最大のひまわりが咲き誇る。
「ひまわりまつり」期間中は、ひまわり迷路など様々なイベントが盛りだくさん。
また、期間限定で夜間のライトアップもあり、幻想的な光景を楽しむこともできる。

GoogleMap:http://g.co/maps/kwmy6

敷地面積は約6ヘクタールのラベンダー畑には彩りを楽しむ“濃紫3号”や、香りを楽しむ“オカムラサキ”など、7種類約14万本が丘一面を紫色にして道内でも有数の広さを誇り、斜面のほとんどがラベンダーで覆われている。見ごろは7月上~中旬。

URL:http://urx.nu/a5FS

札幌市内の大通公園をはじめとする複数の会場で開催される雪と氷の祭典。雪で作った大小の像を中心にしたものだが、すすきの会場を中心に氷像(氷彫刻)も展示される。
日本全国や海外からおよそ200万人もの観光客が訪れる、北海道で最も大規模なイベントの一つ。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/H0PR2

標高334mの山頂から観る夜景は、日本三大夜景、そしてナポリ、香港と並び、世界三大夜景にも挙げられている夜景。
絶妙の地理条件で展開される極上の夜景は、「宝石箱を開いた瞬間の感動」、「星が舞い下りて来た街」と形容される。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/45ajh

陸別町は北海道の内陸部に位置し、周辺が小高い山に囲まれており、さらに冬期間の晴天率が高い為、マイナス30度を下回る事も多々ある。
日本で一番寒いこの町では、珍しいと言われるダイヤモンドダストも何気ない日常の中にある。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/cftFq

青森県青森市で8月2~7日に開催される夏祭りであり、毎年、延べ300万人以上の観光客が訪れる。1980年には国の重要無形民俗文化財に指定された。
夜空に浮かびあがる大迫力の大型灯籠、歓喜乱舞するハネト、響き渡る囃子の音をぜひ体感してほしい。

URL:http://urx.nu/a5D0

重要無形民俗文化財に指定されており、東北三大祭りの1つ。
竿燈は竹を組んで提灯を吊るしたもので、最も大きな「大若」は46個の提灯が吊るされ、高さ約12m、重さ約50㎏にもなる。
夜の通りには1万個もの提灯が彩り、太鼓や笛の音と一体になって幻想的な美しさを醸し出す。

http://www.oomagari-hanabi.com/

80回以上続く著名な競技大会で、日本三大花火大会の1つ。規模、権威ともに日本最大の花火大会である。
全国の花火師が己の最高傑作を持ち込む為、打ち上がる全ての花火のレベルが高い。
集客数も多く、市内中心部が交通規制されるほど多くの花火ファンに愛されている。

URL:http://p.tl/Vsdc

武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた100個あまりの巨大な紙風船が、きらめく星々のごとく真冬の夜空に舞う仙北市で行われる年中行事。
伝説では江戸時代の科学者である平賀源内が、鉱山の技術指導に訪れた際に、熱気球の原理を応用した遊びとして伝えたとも言われている。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/eyKGy

横手のかまくらは「およそ400年の歴史がある、横手を代表するお祭り」とされている。
かまくらの中に水神様を祀り、火鉢を囲み餅を焼いたり、甘酒を道行く人に振る舞ったりして雪の中での暖かさをだしている。
夜の闇に浮かぶかまくらの美しさは幻想的である。

URL:http://urx.nu/a5Gt

3日間にわたって行われる東北三大祭りの1つ。
大規模な飾り付けがされるのは中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺などであるが、それ以外の市内各地至るところに合計3000本と言われる飾り付けがなされ、街中が七夕一色になる。
伊達政宗の時代より続く日本一の七夕には、例年200万人以上の人が訪れる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/oSaNN

世界的にも有名な蔵王の樹氷。その美しさは世界一と評され、日中の鑑賞だけでなく、ライトアップされた夜の樹氷を鑑賞できる。
樹氷の生育には、いくつかの条件を満たさなければならず、自然の生み出す奇跡の芸術に酔いしれよう。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/tGMQ5

福島県田村郡三春町大字滝字桜久保に所在する、樹齢推定1000年超のベニシダレザクラ(紅枝垂桜)の巨木。
国の天然記念物であり、日本五大桜または三大巨桜の1つとして知られる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/YVut7

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。
冬は「氷瀑」と呼ばれる、滝が凍結する現象が発生することがある。
別名「四度の滝」とも呼ばれ、その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したことからとも言われている。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/Agqfm

こいのぼりの生産量が日本一の名産地をアピールしようと、1988年に加須青年会議所の協力のもとに作られた100m級のジャンボこいのぼり。
毎年5月3日に行われる市民平和祭において、市内の利根川河川敷緑地公園でクレーン車で吊り上げられ、青空を豪快に遊泳する。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/h19PQ

三尺玉発祥の地として知られる片貝の花火は、400年に及ぶ歴史があります。昭和60年には四尺玉の打ち上げにも成功し、ギネスブックに掲載されるなど、名実ともに世界一の打ち上げ花火として知られてる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/pgPe9

色鮮やかに紅葉した山の木々にいろどられる秋の黒部峡谷の美しさは、全国の峡谷の中でも随一。
黒部峡谷の紅葉は、落葉広葉樹の赤や黄色から、針葉樹の濃い緑まで、色の多彩さ、鮮やかなコントラストが特徴的で見た人はその美しさに感動を覚える。

URL:http://www.alpen-route.com/

立山室堂平は世界有数の豪雪地帯であり、その中でも「大谷」は吹きだまりのため特に積雪が多く、その深さは時には20メートルを超えることがあるほど。
この大谷内を通る道路に積もった雪を除雪してできるのが有名な「雪の壁」。高さ20mに迫る雪壁を間近に感じることができる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/glVRX

富山の春の風物詩。この頃、ホタルイカは産卵のため新月の夜に海岸に押し寄せる「ホタルイカの身投げ」と 呼ばれる現象が起きる。
砂や波の刺激を受けて闇夜に青白く光るホタルイカの光景は幻想的。この現象は例年、3月から5月にかけて見られる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/907kg

350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝である。国指定の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選に選定されている。
雪解け水が多く流れ込む春には、称名滝の右側にハンノキ滝が現れ、さらに流量が増した場合、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れ、3つの滝が並んだ光景を見ることができる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/Ms1od

渓谷岩盤からはあちこちでお湯が湧き、噴泉とともにまさに地獄谷といった雰囲気。
地獄谷温泉にある「地獄谷野猿公苑」一帯には、約200匹の野生のニホンザルが棲み、サル専用の温泉露天風呂に入るという世界に例を見ない珍しい習性を持っている。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/HTjUk

谷底に向かって民家が点在する景観がチロル地方に似ていることから「日本のチロル」と呼ばれている。
毎年12月に行われる「神様にお湯を差し上げる」霜月祭りは、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』の原点になったとも言われている。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/KLGlJ

温の上下に寄って氷が膨張と収縮を繰り返すことによって複雑なメカニズムで起きる自然現象「御神渡り」。
最高50cm~1mもの高さで湖岸から湖岸まで数kmに渡り「氷の道」ができるこの光景を本州で本格的に見られるのは諏訪湖だけである。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/yUsj9

諏訪湖間欠泉は世界有数、日本一の規模を誇る。一度に約700Lもの高温の温泉が噴き出し、その高さは約50mもの高さにまで達することもある。
※現在の間欠泉は、自噴が止まって以降、圧縮空気を送ることにより噴出させています。

GoogleMap:http://g.co/maps/4mbe3

岐阜県北西部、庄川上流の山間部にある集落。1996年12月9日に世界遺産登録された。
冬になると1メートル以上の積雪に見舞われる豪雪に耐えるよう、屋根の傾斜をきつく取る工夫がされた。冬限定のライトアップでは幻想的な光景が見られる。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/oIT7e

逆さ富士(さかさふじ。古風な綴りでは逆富士)は、富士山の風景を表す雅称の1つ。その美しい姿から、古くより日本人に愛でられてきた。
また、富士五湖(本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖)は国の名勝に指定されている。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/ORnYP

御来光とは主に高い山で日の出を迎えること、またその日の出のことを言う。
別に富士山でなくてもいいが、どうせならば日本一高い山から御来光を見たいものである。

URL:http://urx.nu/8x0o

山中の杉林に7年に一度突然現われ、数日で姿を消すといわれる幻の池。遠州七不思議のひとつとされている。
池が現れる期間中は池を一目見ようと人々であふれかえり、1万人近くが訪れたという。
池の成因は詳しく解明されておらず、「斜面に降った雨水が、1~2ヵ月後に崖下泉として湧き出してできる」などの説があるが、確たる説はない。

GoogleMap:http://goo.gl/maps/nfTMp

1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら行う花火である。手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱は大きいものだと10数メートルにもなる。 愛知県豊橋市の吉田神社が手筒花火の発祥の地とされ、三河地方、静岡県の遠州地方で特に盛んである。

1 2




このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • kazu35さん|2013.06.09

    指摘コメントありがとうございます。今度、和歌山に行くのに痛恨のミスでした。この他のまとめも合わせて修正しました☆

  • suzunatakahaさん|2013.06.09

    どれも魅力的な絶景のまとめありがとうございます。
    「紀伊山地の霊場と参詣道」は和歌山、奈良が中心なので、所在地は「和歌山県など」にするのがよいのではないでしょうか。

1

たくさんお気に入りに登録されるような良質なまとめを作っていけるよう頑張ります。まとめは随時更新出来次第、更新していきます★
https://twitter.com/kazu35