1. まとめトップ
  2. カラダ

勘違いが多い!風邪を早く治す方法

早く治したいがためにアレコレ試します。でもそれが意外と・・・。

更新日: 2014年12月02日

con_ry00meさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1051 お気に入り 2277759 view
お気に入り追加

ツライ高熱!とにかく下げて治したい!

Photo by Comstock / Comstock

おでこを冷やしたり水枕をしてもあまり熱は下がりません。

おでこを冷やしても気持ちがいいだけだそうです

「熱は必要があって高くなるのだからむやみに下げてはいけない」

熱が出ているのは自分の体内で必死にウイルスと戦っている証拠!

熱があって寒がっているときの水枕は、余計に寒くなるので注意

悪寒や寒気による震えは、自身の体の振動で発熱させ体温を上げようとしている時なので冷やすのはよくないとのこと

汗をいっぱいかいて早く治したい!

無理やり厚着をして重い布団をかけると、汗が蒸発せずに熱がこもってしまう

よく発熱すると「汗をかいて熱を出す」などといって、わざわざ汗をかく。これはとても危険

食欲ないけど栄養はとって治したい!

風邪のときに食べ過ぎると悪化する!

風邪のときなどは無理に食べさせると、免疫力が低下して、悪化する原因になるみたいです

食欲のないときに、無理に食べると胃に負担がかかります。

どうしても食欲がない時は、水分補給だけは必ずする!との事

よく「栄養のあるものを食べて寝ていなさい」と言われます。しかし栄養のあるものは消化の悪いものが多いので風邪をかえって悪くすることがあります

とくにコーヒー、トウガラシ、にんにく、コーラ、ソーダなどの炭酸、刺激物・脂肪の多い肉、繊維の多い野菜は避けたほうがいいようです

とにかく風邪の薬を飲めば・・・・!

Photo by Jack Hollingsworth / Photodisc

すぐに解熱剤で熱を下げると、免疫力も下がり病気を長びかせる可能性がある

解熱することは、ウイルスの活動を活性化する、ウイルスと喧嘩するための効果が減少するようです

そもそも一般的な風邪薬というのは諸症状を緩和するのが目的であり、カゼが治るわけではありません。

総合感冒薬といって、発熱、頭痛、咳、くしゃみ、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、関節・筋肉の痛みをやわらげる。いわゆる対症療法と言われる症状を抑えるだけのもので、原因療法ではないとの事

「注射をすれば、風邪が早く治る。」「注射をすれば、元気になる。」と思い込んでいる人がとても多い

細菌感染症で重症の場合を除き、注射することは治療効果・副作用の点からも望ましいことではないそうです

風邪を治す薬はない

よく「●●を飲んだら一発でカゼが治ったよ!」とか言う人がいるが、それは自然と治ったか、症状が和らいだだけ。インフルエンザウイルスならば「タミフル」等があるが、カゼには特効薬がないのである。とのこと

風邪は体が自分で自分を治そうとする『治癒行為』

風邪はおさえこむ敵ではない。アナタが元気になるきっかけをくれる味方なのです

世界には二人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ

一般的に、発熱や食欲不振、下痢などは、病気の副作用で、悪者であると考えられがちですが、実は、それらは「体が自らを治すためのシステム」であるそうです。

普通、動物なら体調を崩した時は食べません。怪我の時も極端に食べる量が減ります。その方が早く治るからです

食欲がない状態が一週間も続くのは問題ですが、体が欲しがっていないものを無理矢理食べることがいいハズもない、との見解です

「どうしたら風邪を早く治せるの?」

1 2




con_ry00meさん

誰かの何かに
役立てたら嬉しいです

このまとめに参加する



  • 2014年をまとめてみた

NAVER リンク