1. まとめトップ
  2. レシピ

なかなか侮れないコーヒーの美容効果

普段何気なく口にしているコーヒーにもひと工夫するだけで、美容効果を引き出すサポートになるそうです。

更新日: 2012年11月29日

yousisさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
914 お気に入り 131274 view
お気に入り追加

コーヒーの成分がキレイの強い味方に!

Photo by Jupiterimages / Goodshoot

コーヒーに含まれるポリフェノールの抗酸化作用で、お肌のハリを保ち、シミをできにくくする

利尿作用があるため、新陳代謝を促進・老廃物を体外に排出する効果がある

カフェインが脂肪細胞の中に入って、脂肪を分解する酵素を活性化させている

美容効果をアップさせる飲みかた

Photo by Jupiterimages / Goodshoot

朝に飲むときは、朝食後30分以上時間を空けてから

カフェインが多く含まれているので、朝一番にコーヒーを飲むと、インスリンの利きを悪くし、血糖値が上がりやすくなってます。

沸騰直前の80~90℃のお湯で淹れる

コーヒーに含まれる成分は高温に弱いため、沸騰したものより少し温度の低い状態で淹れましょう。

ポリフェノールが多く含まれている、浅く煎った種類のものを選ぶ

コーヒーの中に含まれるポリフェノールは、熱に弱いという特徴があります。
そのため長い時間焙煎した深煎りコーヒーに比べ、短時間で浅く煎ったものは約2倍のダイエット効果があるそうです。

時間が経って酸化したコーヒーは体に良くない影響を与えることがある

挽いてから時間が経った豆や作り置きしたコーヒーは酸化して味が落ちるだけでなく、吹き出物の原因になったり、気分が悪くなったりすることがあるそうです。

貧血気味の人はコーヒーの量を減らす

コーヒーに含まれる「タンニン」が鉄分の吸収を妨げてしまうので、鉄分の多い食材を食べても効果が出ないことがあります。

更にキレイを期待できるアレンジ

珈琲300ccに水にふやかした5gのゼラチンを溶かして固め、ゼリーにして食べる

コラーゲンを一緒にとることで、代謝の活性化になるそうです。

塩をひとつまみ入れる

少量の塩を入れることにより香りが引き立つ効果があり、相乗効果により、腸の働きを活発にしてくれるので便通を整えてくれるそうです。

1





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

yousisさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう