1. まとめトップ

『友達からの遊びの誘い』上手な断り方。

友達から誘い。用事はないけれど、ちょっと気乗りがしなかったり、その友達が苦手だったりして断りたい時もありますよね。遊べない理由を相手が不自然に感じずに説明しなければいけません。ということで、遊びの誘いの断り方をまとめてみました。

更新日: 2012年11月30日

akotsuaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
117 お気に入り 275045 view
お気に入り追加

やんわり断る。

「せっかく誘ってくれてるのに、いつも断ってばかりでごめんね!今、なにかと落ち着かなくてバタバタしてるんで、もうちょっと落ち着いたら遊びに行こうね。(←ここは本当に行きたい感を出しつつ言う。)」

『ダイエット中なので外食を控えている』とかたまに使ってます。

私は普通に「ちょっと疲れちゃって」とか「やりたいことがあるから」とか「んん、その行き先はあまり興味ないなあ」などと正直に言っています。必ず「誘ってくれてありがとう」の言葉を添えて。

「他の友達との約束があるからごめんね。また今度ね」と言ったらいかがですか?
遊びの誘いは何日前にいってほしいというのは、はっきりと伝えたほうがいいと思います。

『ちょっと外出が続いて、主人から怒られて喧嘩してしまった・・・それで当分用事以外は外出禁止になってしまったの』

嘘でもいいから体調不良で断る。

「ごめん。ひどい風邪ひいちゃったからだめだ。うつすと悪いし。」と仮病を使って断りましょう。

メールで「ごめん、熱出ちゃったから、今日はやめとく」的なことを^^:具合が悪いと分かったら、そんなに突っ込んできませんからw

仕事や習い事を理由に断る。

「あー、その日は休日出勤なんだ。」と仕事を理由に断ったり、

「大学が忙しくなってきたから、あんまり遊べない」とか
「サークル・習い事始めたから予定が入るかも」
とか どうですか?(>_<)

大人でも学生でも、休日は限られていますよね。ですから、前々から予定をいれていても不思議はありません。
ですから、「ごめーん。先約があるんだ。」

「悪いけどしばらく仕事(もしくは学生なら課題など)がたてこんでいるのでちょっと行けそうにない、いつ余裕ができるかもわからないから、会える余裕が出来たらこっちから言う」

金欠を理由に断る。

「借金があって交通費も出せなくて...だから行けないんだ。ごめんね。」ぐらい言っておけば?
どうせ嘘つくなら額はど~んと大きく言っておけば、そのうちだんだん誘わなくなってくるハズだよ。

潔くハッキリと断る。

遠回しに言ってもきかなぃ相手には、「休日は1人でゆっくりしたぃから」と正直に限りマス。なにを言われるわからなぃ怖さを背負ぅ必要なんて友達関係にはなぃと思ぃマス。

関連リンク

1


おすすめまとめ



akotsuaさん

このまとめに参加する



公式まとめ