1. まとめトップ

「明日は1秒だけ長い?」うるう秒のツイートで生じた混乱

2012年12月18日に「明日は1日が24時間より1秒だけ長い」というツイートが何故か大量にRTされ、その後Twitter民の間に結構な混沌状態が発生しました。その様子をまとめる、というより、観察してみました。

更新日: 2013年03月10日

chattingcatさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 6839 view
お気に入り追加

2012年12月18日に何故か突然「話題のRT」になったこのツイート

【速報】明日は1日が24時間より1秒だけ長いため、世界中で時計の調整がされます。デジタル時計では、朝8:59:59の次に8:59:60の瞬間が見られます。貴重なので是非(笑) yui75623760

人気のリツイートを発信するこのBOTで取り上げられたのがきっかけ。元ツイートはそれまでもRTされていた模様だが、2万人のフォロワーのいるこのBOTの発信で一気に拡散が進んだ。

このツイートに反応する人が多数出現(以下はごく一部。RTが多数)

割と早くから「違うよ」と言ってる人はいるのだが広まらない

@NZmeal 明日はうるう秒の挿入ないですよw ちなみに、前回のはこんな感じでした。ご参考までに。 p.twipple.jp/imyZN

パクリbotがこんなツイートを流しているとは、何とも滑稽な。 twitter.com/5000RT/status/… ちなみに、今日うるう秒が挿入されたという事実は聞いてない。7月1日に挿入されたのは記憶に新しいところだが。 nict.go.jp/press/2012/01/…

そもそも「うるう秒」とは何なのか

4年に1度の季節と暦をあわせる為の「うるう年」は有名だが、時刻のズレを修正する「うるう秒」というものがある!!1秒の長さは、原子時計により厳密に決められているが、天体の運行とはズレが生ずる。その為、そのズレを修正する為にある。

うるう年とうるう秒は別物である。うるう秒は、世界協定時と世界時の差が0.9秒以内に保たれるように、協定世界時を補正するための秒のことを言う。うるう年は、グレゴリオ暦に基き、4年に一度2月29日を設けている年のことをいう。(H20)

青「うるう年があるのは、地球の一年(公転周期)が厳密にいうとおよそ365日と4分の1日だから4年に一度1日多くしなきゃいけないのよ。うるう秒っていうのがたまに発生するのも地球の自転速度が一定じゃないから。1秒長くなる時だけじゃなく、逆に減る時もあるのよ」

黄「どうしてここでのうるう秒は午前9時になる瞬間だったんですか?」緑「イギリスを基準とするからだ。時差が9時間あるからあっちで0時になる瞬間にうるう秒が追加されたら、時差でこっちでは9時だろ?」黄「そういえば世界標準日時はイギリスですもんね」

「うるう秒」の調整とは
時刻は、かつて地球の公転・自転に基づく天文時(世界時)から決められていましたが、1958年より原子の振動を利用した原子時計に基づく国際原子時が開始され、1秒の長さが非常に高精度なものとなった結果、原子時計に基づく時刻と天文時に基づく時刻との間でずれが生じるようになりました。

そこで、原子時計に基づく時刻を天文時とのずれが0.9秒以内におさまるように調整を行った時刻を世界の標準時(協定世界時)として使うことにしており、今回その調整を行うために「うるう秒」の挿入が行われるものです。うるう秒の調整は1972年から数年に1回程度行われています。

やっぱりテレビ付けないとこんなにもついていけないんだ(苦笑) 今年、うるう秒があったこともつい2週間前に知ったしww

ちょっと別のこと考えてるユニークな思考回路の人も

それでも、だんだん疑問をもつ人が増えてきた

話題のツイートとかみてたら明日ってか今日か、うるう秒があるっぽいツイ見かけたんだけどホント?一年に二回もあるもんなの??

@Mikage_Kohinata うるう秒はもう終わったよ(ΦωΦ) 2012年7月1日に8:59:60が存在した。その時の事だと思う。

今日うるう秒が実施という発表がなされてないので、(というかめったにやるもんでもなくて今年は7月にすでに行われているので)1秒増えるとかいうRTの信ぴょう性は低いと思われます。

日本標準時プロジェクト Information of Leap second jjy.nict.go.jp/QandA/data/lea… うるう秒挿入の実施。普通は7月1日か1月1日に行う。今年の7月1日にやったのでしばらくは行わない。

1 2 3 4




chattingcatさん

気ままにまとめています。



公式まとめ