1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

スーツをオシャレな印象にする "マフラーの巻き方"

マフラーの結び方だけで全体の印象が変わるのですが、なかなかそこまで気にしている男性は少ないよう。防寒だけでなくオシャレのアイテムとして楽しむ、マフラーの巻き方をまとめました。

更新日: 2012年12月18日

educatorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2783 お気に入り 906177 view
お気に入り追加

マフラーの巻き方によって印象がぐんと変わる

巻き方 は人それぞれだと思うが、このマフラー、みだしなみを引立たせるアクセサリーとして使えば、男のお洒落のポイントにもなるアイテム。

プレーンノット巻き(ネクタイ巻き)

一番オーソドックスながらスーツに一番似合うともいわれているプレーンノット巻き。ネクタイを巻くように一回ループをつくりもう一方の端を入れてつくる簡単なものです。

ネクタイ巻きで胸元を飾れば、コートをオープンで羽織ったときにできる前身のゆとりにぴったり

http://goethe.nikkei.co.jp/fashion/topics/090205/01.html

ネクタイと同じ巻き方なので男性には簡単なプレーンノット。ぐるぐる巻もいいですが、たまにはこんな巻き方で洒落て見せるのもいいかも。

かけるだけ

マフラーを首にかけるだけ、通勤にもおすすめのスタイル。
その上からコートをはおり(ジャケットでも良いです)、コートの縁からチラリと見えるようにするのがおすすめ。

これ以上シンプルな巻き方は無いですが、その分、姿勢の良さが大切です。
あえて、かけるだけにしている、という気迫を持って、颯爽と歩くとカッコよく見えます。

http://cep-shop.jp/hpgen/HPB/entries/83.html

防寒には向いていませんが少し暖かい日であれば『かけるだけ』もあり。
誰にでもできるスタイリング!

ひと結び

首元をさりげなく演出できる。
ストールのようにゆったり巻くのが良い。

きつく巻くとかっこ悪いので、ゆったり・ふんわり巻くのがコツ。どれくらいふんわりすればいいか分からない人は、一度お友達に見てもらいましょう。

ダブルクロス巻き

縁を折り込むなどしてストールの幅を整えながら自然なドレープ感を演出

http://form.allabout.co.jp/s/100127/index4_1.htm

スーツにもカジュアルにもぴったりなダブルクロス巻き。何度か練習して幅の整え方を習得しましょう!

ループクロス巻き(ワンループ巻き)

マフラーを2つに折って、ひょいと入れるだけの簡単な手順であるが、すっきりとコンパクトにVゾーンを飾る効果的な巻き方である。

冬のもったりとしたボリューム感あるビジネススタイルを、すっきりとアクティブな印象に仕上げてくれる

http://goethe.nikkei.co.jp/fashion/topics/090205/index.html

ループクロス巻の人はよく見かけますね。簡単にできるますが、スーツにとても合うので、やった事がない人はぜひ挑戦してみてください。

シンプルクロス

コーディネートを選ばない万能な巻き方。
マフラーをポイント使いに。

ちょうどいい長さのマフラーでないとかっこいく決まらない巻き方です。短すぎたり長すぎる場合は違う巻き方にしてください。マフラーが目立つ巻方です。

アスコットタイ風

コートの前を閉じると、クラシックな印象のアスコットタイ風に見える巻き方です。また胸元からおなかまでマフラーがあたるので、コートを閉じると、ぽかぽか防寒性にすぐれています。

縦長シルエットがコートに合うマフラーの巻き方。

http://cep-shop.jp/hpgen/HPB/entries/86.html

1 2





educatorさん

仕事に役立つ情報や、スキルアップにつながる情報をまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう