1. まとめトップ

アスペルガー症候群を考える。「診断テスト付き・ADHDや症状解説など」

ふと最近、知人にアスペルガーではないか?と告知されたため、気がかりになり調べてみた。関連する「注意欠陥・多動性障害」や「広汎性発達障害」や「高機能自閉症」なども追加して調べてみました。

更新日: 2013年06月04日

cafesanpoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
405 お気に入り 1593797 view
お気に入り追加

アスペルガー症候群についての「自分なりのまとめ」

<アスペルガーの特徴>
・男性に多い。
・基本的な特徴は、対人関係の障害と限定された反復的な行動・興味・活動。
・自閉症児とは異なり、明らかな言語、認知発達の遅れがない。
・運動のぎこちなさがみられ、典型的には敏捷な自閉症児と対照的。
・アスペルガーはIQが高く、天才が多い。
・高い水準の社会技能。
・仲間を作れない。
・社会的または情緒的相互性の欠如。
・非言語的な意思伝達の著明な異常
・他者の幸福に喜びを示す能力の障害
<原因>
・原因は不明

<日本での症状の割合はどのくらいか?>
「カナー型自閉症」
 世界中の人数 22~60人/1万人
 日本全体での人数 26万~72万人

「アスペルガー症候群」
 世界中の人数 36~60人/1万人
 日本全体での人数 43万~72万人

「自閉症スペクトル全体」
 世界中の人数 58~120人/1万人
 日本全体での人数 70万~144万人

自閉症など広汎性発達障害の人口に対する有病率は、0.5~0.75%ほどと言われますが、発達障害の専門家の中には、診断や調査で明らかにされないまま成長する人を合わせるとその数倍は広汎性発達障害の人がいると言う人もいます。
自閉症単独の有病率は、0.05%~0.1%くらいであると考えられているが、自閉症の男女比は5:1で圧倒的に男性に多く見られる発達障害である。

~ 診断テスト ~

☆子供のアスペルガーチェック ☆

※9割くらいヒットすれば可能性ありかも
【01】こだわりが強い
【02】規則や理屈を重んじる
【03】頑固
【04】変化を嫌う
【05】冗談、比喩、ほのめかし、皮肉などの理解が弱い(マジで受け取るなど)
【06】暗黙のルールがわからない
【07】自分の好きな話題(いつも同じ話題)に戻っていく
【08】雑念にとらわれやすく嫌なことや今、不要な思考を排除できない
【09】記憶力の異常
【10】音に過敏
【11】感情表現がへた
【12】ストレスを受けやすく怒りっぽい
【13】狭い範囲での優れた知識
【14】とても論理的で理数系に強いことが多い
【15】科目で得意不得意の差が激しい
【16】宇宙人、変人、ボケのどれか言われたことがある

----子供(3歳以上)の頃に現われやすい特徴----
【17】分解、組み立てを好む。機械いじりが好き。
【18】板、ダンボール、布などで囲いを作り隠れる(遊びでなく)
【19】回るモノに強くひかれる(洗濯機、扇風機、モーターなど)
【20】自分の空想世界に深く没頭する
【21】とても些細なことでもめる(本に折れや指紋をつけると怒るなど)
【22】絵など芸術的な才能を持つ者が多い
【23】人に触れられるのが苦手
【24】物を規則的に並べる
【25】視線をそらす
【26】オウム返し
【27】物集めが好き
【28】形式ばって大人っぽく難しい言葉をよく使う

●スクリーニングのためのチェックリストA

  A.対人的相互反応の質的障害

(1)非言語的な表現に乏しい(該当・非該当)

 □ 目を見ながら話さない
 □ 話しているときに身振り手振りが乏しい
 □ 表情が乏しい
 □ 声の調子が不自然である

(2)友達ができにくい(該当・非該当)

 □ 友達がほとんどいない
 □ ずっと年上や年下の人か家族としか関わりがない
 □ 特定の興味を共有している人しか付き合いがない
 □ 集団と交わったり、ルールを守って協調して遊んだりするのがうまくできない

(3)喜びや関心を、他者と分かちあえない(該当・非該当)

 □ 他の人に関わろうとせず、一人の活動を好む
 □ 自分の活動や興味や成し遂げたことに、関心をもってもらおうと思わない
 □ 指差しをしない
 □ 賞賛されることに関心や反応が乏しい

(4)他人に無関心で反応が乏しい(該当・非該当)

 □ 他の人に応答しない「耳が聞こえないように見える」
 □ 他人を意識しない、他の人の存在を「忘れる」
 □ 孤独な活動を強く好む
 □ 他の人が傷ついたり、怒っても気づかない、慰めようとしない

          Aの該当項目数 (A)   /4項目

●スクリーニングのためのチェックリストB

  B.コミュニケーションの質的障害

(1)言語の発達の遅れ(該当・非該当)

 □ 言葉の開始が、満2歳より遅かった
 □ 満3歳までに、二語文(例:ママが来た、あれ取って)を使えなかった

(2)他人と会話を始め、継続するのが困難(該当・非該当)

 □ 自分から会話を始めたり、会話を続けることができない
 □ 言葉のやり取りではなく、一人で一方的に喋り続ける
 □ 質問には答えられるが、相手の発言に対してコメントできない
 □ 興味のない話題について話すことができない

(3)不自然で、過度に形式的、反復的な言葉使い(該当・非該当)

 □ オウム返しに相手の言葉を繰り返す(反復言語)
 □ CMやビデオ、アニメの言葉を場面に関係なく連呼する
 □ 自分にだけ意味の通じる造語を用いる(言語新作)
 □ 過度に格式張ったり、大人や学者のような喋り方をする

(4)その年齢の発達障害の遊びができない(該当・非該当)

 □ オモチャや人形を用いてごっこ遊びができない
 □ 物を、他の物に見立てることができない
 □ 玩具を想像的にではなく、即物的に用いる
 □ みんなと一緒に楽しむ集団遊びに興味がない

          Bの該当項目数 (B)   /4項目

●スクリーニングのためのチェックリストC

  C.反復的な行動/限定的な興味

(1)狭く、深い興味(該当・非該当)

 □ 特定の話題にばかり話が集中する
 □ 特定の話題や活動のことから頭がはなれない
 □ 食事やトイレに行くのも忘れるほど熱中する
 □ 年齢不相応な話題に興味をもつ
 □ 興味のあることには優れた記憶力を示す

(2)同一の、慣れたパターンへの固執(該当・非該当)

 □ 決まった手順どおりに行動しようとする
 □ いつものやり方との些細な違いにも戸惑いやすい
 □ 変更があるときには、前もっていっておかないと一騒動になる
 □ 決まったとおりに物事が行われないと、極度に不安になったり落ち着かない

(3)同じ動きを繰り返す(該当・非該当)

 □ 興奮したり、動転すると手をばたばたさせたり単純な動きを繰り返す
 □ 目の前で指を鳴らし続けたり、奇妙な手の恰好や動作を繰り返す
 □ 長時間ぐるぐる回ったり、体を前後に揺すったりする
 □ つま先立ちで歩いたり走ったりし続ける

(4)物への特有のこだわり(該当・非該当)

 □ 本来の用い方と違う方法で、物を用いる
 □ 物体の感覚的性質(匂い、肌触り、細部の色彩、動きなど)に興味をもつ
 □ 通常は興味を惹かれない物に執着する
 □ 動いたり回転する物体に強い興味をもつ

          Cの該当項目数 (C)   /4項目

自閉症と診断される条件:
  A,B,Cの各項目で、(1)~(4)の4項目のうち
  ・Aは2項目以上
  ・B,Cはそれぞれ1項目以上
  ・かつ合わせて6項目以上
  に該当する必要。

アスペルガー症候群と診断される条件:
  ・Aで2項目以上
  ・Cで1項目以上
  に該当し、
  ・自閉症の診断基準に達していない
  ことが必要。

「□が2つ以上に当てはまるとき該当すると判断」ということだと、このリストで、「アスペルガー症候群」「高機能自閉症」と判断される人はそんなに多くないでしょう。

しかし、
 ・対人的相互反応の質的障害の項目(A)で1項目
 ・反復的な行動/限定的な興味(C)で1項目
当てはまる人はかなりの割合で存在して、「特定不能の広汎性発達障害(PDDNOS)」という区分らしいです。

大人 の ADHD 注意欠陥 多動症障害

大人になってから 発達障害と診断されるケースが増えています。集中しなければいけないのに 外部の刺激によって 集中力を保ち続けられない。衝動的に行動を起こしてしまう。

大人のADHDの特徴
ADHDの子育て本は、数多く出版されていますが大人成人のADDADHDに関する書籍は、少ないようです。子供がADHDと診断された場合父親母親のどちらか(あるいは 両方)が注意力が無かったり 集中できない 整理整頓が苦手 という方が多く 親子で発達障害も珍しいことでは、ありません。

《ADHDの特徴》
整理整頓が苦手なのは、血液型のせいだと思っていましたが そうでも無いようです。。。


●遅刻が多い
●優先順位を決められない
●鉛筆文房具など仕事で使うものを失くす
●おしゃべりが過ぎる
●席に座っているのが苦手
●忙しそうな人のジャマをしてしまい怒られる
●周囲が騒がしいとまったく仕事ができない手につかない
●会話中、相手の話を聞いていないと言われる
●座っている時、手足を頻繁に動かさないと落ち着かない
●人から指示されるのが苦手。
●ドアや引き出しなど閉め忘れる
●苦手なことに取り組むのことに労力を要し
●自分をいつも奮い立たせないと物事が出来ない。
●大事なものを失くす
●食べ物や飲み物をこぼす
●話しや話し合いで解決できず手が出てしまう
●最後までやり遂げられない
●電話帳の整理住所録の整理がむずかしい
●本を最後まで読めない
●何かに取り組んでいてもテレビや音楽など興味のそそられるものに没頭する
●事故にあいやすく救急車に乗った経験も何度かある(普通の人の3倍)。
●気が付くといつも自分の荷物で散らかっている
●机の上の整理整頓ができない
●提出期限を守らない提出物を忘れる。出すのが遅れる。
●酒をよく飲む。
●ヘビースモーカー。
●仕事中毒と言われる。どもる。
●仕事が続かない
●暴力的
●とてもおしゃべりである。
●人の話しを聞くのが苦手で、自分のことばかり話す。
●みんなに比べて、自分が回りの人から理解されにくいと考えている。
●浮き上がっていると感じる。対人関係に自信がない。
●自尊心が低い、自信がない。劣等感が強い。
●人から言われたことですぐ傷つく、冷たくされたと感じる。ストレスに弱い。
●いつもイライラし、怒りっぽい。ゆっくり落ち着いた気分になれない。
●かんしゃく持ち。
●何かが上手くいったあと、落ち込む事がある。気分が移り変わりやすい。
●ヒステリーの傾向。いつも人の目が気になって、落ち着けない。
●何かしたくなると、我慢出来ない。
●素直になれず、つい思ってもいないことや反対のことを言ってしまう。
●無計画でいき当たりばったり。
●パチンコ、マージャン、競馬などのギャンブルに依存しやすい
●うそをつく、盗む。言葉遣いや行動が乱暴。
●クレジットカードの限度額を超えて買い物をすることが多い。
●計画的に家計を考えない。
●自己破産。
●家庭外で恋愛をしている。
●離婚歴がある。
●自殺企画(10%)。
●家族にアル中やうつ病、そううつ病、薬物中毒の人がいる。
●高校を中退(留年)

【ADHDセルフチェック】
1.旅行の前の荷作りが苦手だ。
2.子どもの頃から感受性が強く、感覚が鋭敏だった。
3.子どもの頃からカバンや机の中がゴチャゴチャだった。
4.マイペースだとよく言われる。
5.子どもの頃からよくぶつかったり転んだりした。
6.気の合う一対一の関係はいいが、大人数での世間話や集団行動は苦手だ。
7.雑音や電話などで気が散ると、目の前の作業に集中できなくなることが多い。
8.新しく物を買っても、あまり説明書は読まない。
9.ちょっとした物でも、簡単に捨てることができない。
10.何を取りに来たのか、何を言おうとしたのかなどをよく忘れる。
11.約束の時間に遅れがちだ。
12.興味のない科目では、授業中に空想したり落書きしたりしていた。
13.試験はいつも一夜漬けだった。
14.仕事や作業をしている途中で、ボーッとしてしまうことがある。
15.私の頭の中のアイデアを実行できたら、相当すごいはず。
16.学校や職場で、いじめにあったことがある。
17.一日が終わると、ぐったり疲れていることが多い。
18.頭の中に霧がかかったような感じがすることが多い。
19.探し物が多かったり、振り込みなどの期日に遅れやすい。
20.物事の優先順位をつけるのが得意ではない。

21.人が話しているときに、つい口を出して、話の腰を折ってしまいがちだ。
22.興味に一度集中したら、トイレや寝食を忘れることも・・・。
23.物事の要点を素早くつかめる。
24.数時間~数日で気分に波がある。
25.変わっている、個性的だと言われることが多い。
26.日によって、ささいなことでキレそうになったりする。
27.過度の残業、浪費、食べ過ぎ、過激な発言などをしてしまい、あとで落ち込む。
28.転居や転職などで、気分を入れ替えるのが好き。
29.たとえ自分に不利でも、納得のいかないことはできない。
30.会議や授業など、長時間くつろいで座っていることが苦手だ。

31.物事に決まったやり方があって、それを少しでも外れると気に入らない。
32.他の人たちから、考えすぎ、気にしすぎ、やりすぎと言われる。
33.人が自分の話の要点を飲み込めないときなど、心の中で爆発しそうになる。
34.自分流に片づけているところで、人にさわられるとひどく腹が立つ。
35.会議などで黙っていようと思いながら、つい正論をふりかざしてしまう。

チェックリスト 25項目以上で ADHD。

AD/HDの可能性のチェック「子どものAD/HD」

AD/HDは「じっとしていることができず動きまわる」「衝動的な行動を起こす」「注意力が散漫で集中できない」を主な症状とする発達上の障害です。

授業中に座っていられずに歩き回ってしまう――
突発的な行動が多く、かっとなりやすい――
気が散りやすく、ケアレスミスや忘れ物が多い――

こんな症状はありませんか。もし思い当たることがあればこのチェックを行ってみてください。このチェックツールは、ご自身はもとより、ご家族やご友人、身近におられる大切な方の病気の可能性をチェックすることができるようになっています

※このチェックリストは、子どものAD/HDを想定して作成しています。
1. じっとしているのが苦手で落ち着きがない
2. 人の話を集中して聞くことができない
3. 順番が待てずに割り込んでしまう
4. 忘れ物が多く、物をよくなくしてしまう
5. 遊んでいるときにケガをすることが多い
6. 時と場所をわきまえずにしゃべりつづけてしまう
7. 宿題や課題を最後までやりとおすことができない
8. 授業中に座っていられず、歩き回ってしまう
9. 集団行動が苦手で、友だちがあまりできない
10. かんしゃくを起こしやすい
11. 友だちにちょっかいを出したり、邪魔したりする
12. 物事を順序だてて行うことができない
13. 相手の話を最後まで聞かずに答えてしまうことが多い
14. 大切な約束やスケジュールを忘れてしまうことがときどきある
15. 静かに行動することが苦手で「静かにするように」と注意されることが多い

http://www.adhd-navi.net/adhd/check/index.html

アスペルガー障害とADHDの診断について

よく間違って診断されるのがアスペルガー障害とADHDです。
本質的に異なりますが、似ている点が多々あるため、誤診を受けやすいです。

アスペルガー障害とADHDは似ていますが、全く異なります。
簡単な見分け方は思考の偏りがないかをチェックする方法です。

 例えば、「今日は保育園どうだった?」と聞いて「楽しかったよ」と答えられるならばアスペルガー障害ではありません。
また、写生大会の時に何を描いたらよいのかわからないという場合はアスペルガー障害の可能性が高いです。
アスペルガー障害は自由度が高すぎると何をしてよいのかわからないことがあります。

 一番の違いはケンカをして相手を泣かしてしまった場合の対応です。
アスペルガー障害は相手が泣いていてもあまり関心を払わないことが多いです。
ですが、ADHDの子どもは相手に謝ったりして慰めようとする行動が見られます。

ADHD 検査

ADHDの検査は、WISC-Ⅲや K-ABC式などの 知能検査
持続性注意力課題 脳波測定で 診断されます。
ADHDの 診断基準 9項目のうち 6項目が 該当する場合
不注意(注意集中障害)があり
9項目のうち 6項目以上 当てはまると 多動性 衝動性と 診断されます。

学校(保育園 幼稚園)での症状 家庭での症状 2か所とも
同じ症状を 示すことが 条件で 不注意 多動性 衝動性があれば ADHDです。

注意欠陥 多動性障害の診断基準

【A】以下の不注意の症状が 6つ以上 半年以上 続くもの
【B】多動性-衝動性または不注意の症状のいくつかが、七歳以前に見られ障害を引き起こしている。
【C】症状による障害が二つ以上の場所で(学校・保育園・幼稚園・職場・家庭)が見られる。
【D】社会的、学業的または職業的機能において、臨床的に著しい障害があることを明確にする必要がある。
【E】広汎性発達障害、精神分裂病など、精神病性障害の経過中にのみ起こっているのでは無く気分障害、不安障害、解離性障害、人格障害と言った精神疾患とも違う。

《不注意》
1.学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす。
2.課題または遊びの活動で注意を持続することがしばしば困難である。
3.直接話しかけられたときにしばしば聞いていないように見える。
4.しばしば指示に従えず、学業、用事、または職場での義務をやり遂げることができない(反抗的な行動、または指示を理解できないためではなく)。
5.題や活動を順序立てることがしばしば困難である。
6.学業や宿題のような)精神的努力の持続を要する課題に従事することをしばしば避ける、嫌う、またはいやいや行う。
7.課題や活動に必要なもの(例:おもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、または道具)をしばしばなくす。
8.しばしば毎日の活動を忘れてしまう。

《多動性》
1.しばしば手足をそわそわと動かし、またはいすの上でもじもじする。
2.しばしば教室や、その他、座っていることを要求される状況で席を離れる。
3.しばしば、不適切な状況で、よけいに走り回ったり高いところへ上ったりする
(青年または成人では落ち着かない感じの自覚のみに限られるかもしれない)。
4.しばしば静かに遊んだり余暇活動につくことができない。
5.しばしば“じっとしていない”または、“エンジンで動かされるように”行動する。
6.しばしばしゃべりすぎる。

《衝動性》
1.しばしば質問が終わる前に出し抜けに答えを始めてしまう。
2.しばしば順番を待つことが困難である。
3.しばしば他人を妨害し、邪魔する(例*:会話やゲームに干渉する)。

~ ニュース・質問など ~

1 2 3 4





綺麗なモノが好きです。
食べ歩きが好きです。
気になるモノやコトを集めるのが好きで、少しづつ公開していけたら良いな~と♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう