1. まとめトップ

<アスコットタイとは?>

結んだときにスカーフのように見える幅の広いネクタイ。
幅の広い蝉形のネクタイ。英国のアスコットAscot競馬に集まる紳士たちの服装にちなんでこの名で呼ばれる。

「正礼装 アスコットモーニング」
アスコットモーニングは、モーニング三つ揃+アスコットタイ&立衿シャツの組合わせ。英国伝統の着方です。格式を重んじる結婚式の御両家の主立った方々、御仲人様、主賓の方々に、お勧め致します。
特にグレーのモーニングとの組合わせは、欧米では定番の花婿ファッション。夕暮れ迄の結婚式・披露パーティに、お勧め致します。

「アスコットな楽礼装」
ダークスーツ・ブラックスーツ(略礼服)・ブレザー等+アスコットタイ&立衿シャツの組合わせ。これで色々な服が、世界の多くの人々が認識する「アスコットな楽礼装」になります。楽しい結婚式・披露パーティに、お勧め致します。

<アスコットタイの種類>

日本では何種類かの結び方が見られるけど、下図の「ブラインド・フォールド・ノット」、「ストールタイプ」を押さえておけばOKだと思う。

スカーフのように首元で結ぶタイプ。タキシードにあわせてパーティーに。フォーマルスーツにあわせて結婚式に、フォーマルシーンを華やかに彩る。ジャケットやドレスシャツとあわせて普段使いにもオススメ。

留め具で着脱が可能なアスコットタイ。

日本で売られているアスコットタイの殆どは、世界の多くの人々がアスコットスカーフ(パフタイ)と呼んでいるものです。これは、1870年代にアスコットタイの結び方から、派生したカジュアル品です。正礼装に用いる事は、決して有りません。

<アスコットタイの結び方>

の正礼装用としてウィンングカラーのシャツに合わせる。フォーインハンドタイ以前より、
使われてきたアスコットタイは、クラシカルなフォーマル感をスタイリングできる結び方のひとつ。
蝉の羽根のように結ぶ。 両端を結んだあとフワッと交差させて、パールのピンでセンターをとめる。

長めで中央が細くなったタイプの結び方。首の周囲を二重にまわすが、短いタイプでは、一重でもよい。ふんわりと仕上げパールのピンでとめる。アスコットのなかでもドレッシーな結び方のひとつ。

<実際の結び方を動画で見てみよう>

<オシャレに着こなすとこんな感じ>

1 2




Gavi_labさん

初心者ですが、ゆるゆるとまとめていきまーす。
twitter:https://twitter.com/Gavi_lab
はてな:http://b.hatena.ne.jp/Gavi_lab/

このまとめに参加する


NAVER リンク