1. まとめトップ

【永久保存版】意外と知らない紙のサイズ【新聞はA2サイズ】

良く使うA4サイズは知ってるけど、B6サイズってどんなだっけ…?コピーや文具購入にも役立つ、紙のサイズのまとめです。サイズの例として、色んな物の画像も付いています。

更新日: 2012年12月13日

モモスケさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
119 お気に入り 90727 view
お気に入り追加

たくさんある紙のサイズ

A6サイズの大きさ、って言われてパッと思い浮かびますか?
正直良く使われているA4サイズ以外はあやふや…という人が大半です。
通販購入が多くなった昨今、商品のサイズとして使用される事の多い用紙サイズ。
このまとめさえみれば、なんとなーく分かるかもしれません。

サイズのAとBって何が違うの?

A判は、19世紀末ドイツの物理学者オズワルドによって提案されたドイツの規格で、
面積が1平方メートルの「ルート長方形」をA0としました。現在では国際規格サイズです。
「ルート長方形」とは、縦横比率が「白銀比」と呼ばれる「縦:横=1:√2」となっており、
どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形です。

A2を半分にするとA3。A3を半分にするとA4…という大きさに変わっていきます。
A版は国際規格なので、世界にも通用するんですね。

B判は、日本の美濃紙をもとに面積が1.5平方メートルの「ルート長方形」をB0とした国内規格サイズです。
「ルート長方形」とは、縦横比率が「白銀比」と呼ばれる「縦:横=1:√2」となっており、
どこまで半分にしても同じ形、相似形の長方形です。

B2の半分がB3と、A版と同じ方式ですね。
こちらは国内規格なので、日本ならではのサイズです。

似ているようで違うAとB

もとになる紙の大きさはBの方が大きい事が分かりました。
つまり同じ数字でもA4とB4なら、B4の方が一回り大きいのです。
では実際に良く見る物のサイズと比べながら、用紙サイズを紹介していきます。
順番はA版→B版で、それぞれ7までの大きさをまとめています。

A1サイズ (594×841mm)

新聞紙の見開きがこのサイズ。
大きいサイズですが、両手で持つ事が可能なレベルです。

A2サイズ (420×594mm)

先ほどの見開きを閉じた状態の新聞が、A2サイズですね。
机に置くにはちょっと邪魔かな。

A3サイズ (297×420mm)

選挙ポスターの大きさはこのサイズです。
目を引く大きさで、ポスター向き。
A4ノートを広げたサイズもこれです。

A4サイズ (210×297mm)

出典yaplog.jp

ノートと言えばこのA4サイズですね。
手に持ちやすく、運びやすいサイズです。
他にも履歴書や契約書など、重要な書類にも多くつかわれています。

A5サイズ (148×210mm)

NHKのテキストや、週刊誌はこのサイズ。
教科書や、ハードカバーの本などもA5です。

A6サイズ (105×148mm)

A6は文庫本が有名ですね。
手に持ちやすく、かさばらない大きさです。
他にも母子手帳などもこちらのサイズ。

A7サイズ (74×105mm)

メモ帳に多いサイズですね。
手のひらに収まり、胸ポケットにも入るので、社会人に好まれる大きさです。

B1サイズ (728×1030mm)

映画館に貼ってある、大きい作品ポスターなどはこの大きさ。
手で持つと足以外は隠れてしまう程で、外に貼るには良いサイズ。

B2サイズ( 8515×728mm)

芸能人のカレンダーやCD特典ポスターなどは、大抵このサイズです。
B1の半分なので、部屋の壁に掛けるには丁度な大きさ。

B3サイズ (364×515mm)

電車の中づり広告1枚がこの大きさ。
邪魔にならず、程良い大きさの広告にもってこいですね。

B4サイズ (257×364mm)

新聞の折り込みとして入っている、チラシはこのサイズ。
400字詰めの一般的な原稿用紙なども、B4サイズです。

B5サイズ (182×257mm)

1 2




モモスケさん