ブルイックラディは1881年に創業した蒸留所で、1994年に一旦閉鎖されたが2001年に復活。キルホーマンが創業するまではアイラ島最西端(=スコットランド最西端)の蒸留所であった。生産からボトリングまで、すべての作業をこの蒸留所内で行っているアイラ島唯一の独立蒸溜所であったが、2012年の夏、レミー・コアントロー社により買収。

元ボウモア蒸留所のジム・マッキュアン氏が責任者を務めており、この人は業界でもカリスマ的な人。伝統的な製法を下敷きにしつつ、革新的な製法や熟成法で、ここ数年話題を集めたボトルをいくつも世に出している。超ヘビーピートの「オクトモア」や「ポートシャーロット」などは、この蒸留所のブランド。

日本での販売元は国分株式会社で、モルトバーでも扱っている店は多く見つけ易いが、いかんせんボトルの種類が多く、味も香りも幅広いので、ブルイックラディがどんな味であるかを1本のボトルだけで表現するのは困難かもしれない。一番よく目にするアクアブルーのオフィシャルボトルは、アイラ島のウイスキーにしては癖のないクリーミーな味が特徴。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アイラ島のシングルモルトウイスキー(スコッチウイスキー)

アイラ島はスコットランドの西南にある「ウイスキーの聖地」とも呼ばれている島です。個性豊かで世界的にも人気のある、島内のシングルモルトウイスキー蒸留所を紹介します。同じ蒸留所でも種類によって味や香りの違うボトルもありますので一概には言えませんが、星の数(★)でざっくりとクセの有り無しをつけてみました。

このまとめを見る