ブナハーブンからやや南に下りた海岸に1846年に蒸留所が設立。現在の親会社はディアジオ。「カオルイーラ」(=アイラ海峡)とも読まれ、ジョニーウォーカーなど多くのブレンドに使われる原酒で、生産量もアイラ島では最大のシングルモルトである。(アイラモルトとしては)強烈さは控え目だが、辛口でクセもあり、アイラモルトの入門として飲んでみるのも面白いだろう。

日本のバーでは白ラベルの12年を置いている店が多いが、オレンジ色のラベルの18年も時々みかける。2002年以前まで流通していたアザラシの絵が描かれたボトル(15年物)がたまにある。ボトラーズ物(蒸留所が公式に出しているのではないボトル)も非常に豊富で、味も香りも幅広い。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アイラ島のシングルモルトウイスキー(スコッチウイスキー)

アイラ島はスコットランドの西南にある「ウイスキーの聖地」とも呼ばれている島です。個性豊かで世界的にも人気のある、島内のシングルモルトウイスキー蒸留所を紹介します。同じ蒸留所でも種類によって味や香りの違うボトルもありますので一概には言えませんが、星の数(★)でざっくりとクセの有り無しをつけてみました。

このまとめを見る