1. まとめトップ

2012年 第46回衆議院議員総選挙 不正選挙疑惑に関するまとめ

2012年12月16日(日)に実施された第46回衆議院総選挙 不正選挙疑惑についてまとめております。多くの方に知っていただきたいので是非SNSでの拡散、お気に入り追加などをお願いいたします。

更新日: 2013年01月14日

oolonghaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 133664 view
お気に入り追加

2012年衆議院選挙 公職選挙法第204条に基づく異議申し立てについて

株式会社ムサシの疑惑

*********************************************************************
【悲報】選挙システムを日本で1社独占提供している「株式会社ムサシ」はやっぱり原子力ムラ
*********************************************************************

選挙システムを全国で独占的に提供している民間会社「株式会社ムサシ」の社外監査役が、「社団法人原子燃料政策研究会」 監事を兼務。

●浅野 修一(あさの しゅういち) 昭和10年7月6日生
昭和38年3月 公認会計士登録
昭和38年3月 浅野修一事務所所長(現任)
昭和40年1月 税理士登録
平成20年6月 「株式会社ムサシ」監査役(現任)

「社団法人原子燃料政策研究会」 監事 公認会計士

株式会社ムサシ 役員一覧
http://www.musashinet.co.jp/company/outline.html

社団法人原子燃料政策研究会 役員一覧
http://www.cnfc.or.jp/j/about/index.html

「社団法人原子燃料政策研究会」とは?

<自己紹介文>
「社団法人・原子燃料政策研究会は、地球環境に優しく、エネルギーの安定供給に欠くことのできない原子力の平和利用、そのための原子燃料リサイクルの確立のために設立された公益法人です。
研究会では、唯一の被爆国である日本として、核兵器を地球から廃絶するためにも、プルトニウムの平和利用を積極的に進めるべきであると考え、活動を続けています。」

<2012度事業計画>
「今回の大事故を乗り越えて、より安全性の高い原子力発電の利用を図る責務がある。一時的に「羹に懲りて膾を吹く」ようなエネルギー政策策定であってはならないし、国のエネルギー政策がそのような短絡的な政策にならないよう注視する必要がある。」
「国の原子力発電所の安全対策の進捗状況を見守りつつ、わが国の原子力政策、エネルギー政策の見直しについて、単に原子力利用を否定するのではなく、むしろ一層の安全対策の充実と、前向きな利用促進を図るよう、政府に対して積極的に働きかける。また、世界各国の政府に対しても化石燃料の利用抑制と地球温暖化防止のために、原子力平和利用に関する理解促進を働きかけることとする。」

(参考URL)
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2012/08/post-1444.html

「ムサシ」の正体が少しずつ明らかに。選挙管理の役所である総務省、「地方自治体の選管の判断で勝手にやった」と開き直った。疑惑はますます膨らむことに。「ムサシ」への天下りや資金の流れを暴けば疑惑の正体は自然に明らかにされよう。(本澤二郎)blog.livedoor.jp/jlj001/archive…

国政選挙なのに、重要な業者選定に国が関与していないと総務省が説明。

日本の‏選挙システムを独占している民間企業「株式会社ムサシ」の筆頭株主は「上毛実業株式会社」。

インターネットの情報を見ていると、2008年に株式会社上毛から商号変更をした「価値開発株式会社」(主要株主:有限会社アルガーブ)という情報もありますが、2012年10月の株式変更報告書で、その名前が使われていないことから、文京区駒込を所在地とする「上毛実業株式会社」がムサシの筆頭株主を思われます。

http://toushi.kankei.me/docs/text/S000BZYE

上毛実業株式会社 変更報告書(大量保有)にて、以下の名前(名義)で報告されています。

上毛実業株式会社
代表取締役 中村朋夫
東京都文京区本駒込二丁目27番18号
※株式会社ムサシの代表取締役副社長 羽鳥 雅孝氏の住所と一致しております。

http://toushi.kankei.me/docs/text/S000A3CH

また、同じく2012年01月17日に提出された上毛実業株式会社 変更報告書(大量保有)では、代表取締役が羽鳥弘子となっており、同じ文京区の住所に有限会社文元社(代表取締役:羽鳥弘子)という会社も存在しております。

(※)上記個人情報を含む情報は、既に一般公開されている有価証券報告書、変更報告書より引用しております。

つまり、羽鳥弘子氏は羽鳥雅孝氏の親族(奥さん?)である可能性が高く、仮にその場合、株式会社ムサシは、社長の小林厚一氏と並んで羽鳥雅孝氏の非常に強い影響下にあると思われます。

【不正選挙】不正が行われた場所は票集計マシンのソフトウエアだ。アメリカではこれはごく一般的な不正選挙の手法。米国で日常行われていることが日本に持ち込まれた→ アメリカ大統領選挙における電子投票システム不正への関与が疑われた重要証人が事故死 bit.ly/U5rCRD

日本の選挙システムを1社で独占している「株式会社ムサシ」の大株主構成

上毛実業株式会社  18.7%    東京都文京区本駒込2-27-18-201
ショウリン商事株式会社 15.1% 東京都杉並区南荻窪2-3-11
ムサシ社員持株会   6.9%    東京都中央区銀座8-20-36
株式会社みずほ銀行  4.5%    東京都千代田区内幸町1-1-5
ムサシ互助会     3.8%   東京都中央区銀座8-20-36
羽鳥雅孝       3.0%   東京都文京区本駒込2-27-18-201
小林厚一        3.0%   東京都杉並区南荻窪2-3-11
UBS       2.6%   東京都中央区日本橋3-11-1
株式会社三井住友銀行    2.4%   東京都千代田区有楽町1-1-2
村岡純子          1.4% 神奈川県横浜市中区

(注)上記個人情報を含む情報は、既に公開されている「株式会社ムサシ」の有価証券報告書(以下URL参照)に基づいて引用しております。
http://www.uforeader.com/v1/se/E02855_0060DLSF_8_53.html
http://www.uforeader.com/v1/se/E02855_0050AMI1_8_54.html

ムサシ筆頭株主の現上毛実業ですが、文京区本駒込のベルデコリナというマンションで、代表取締役副社長 羽鳥 雅孝氏と住所が一緒です。
また、持分比率2位のショウリン商事も代表取締役社長 小林 厚一氏と住所が同じです。
小林の音読みで『ショウリン』と考えることができます。
その他、ムサシ社員持株会、ムサシ互助会の持ち株比率を合計すると50.5%になります。

50.5%とは、、、鉄壁のディフェンスです。何かを隠そうしているようですね。うまく出来てますね。

平成23年度には、株式会社ムサシ 代表取締役社長小林 厚一氏の名義で、自民党福田康夫氏への政治献金が確認できます。

http://www.pref.gunma.jp/contents/000205066.pdf

<電通ビルに隣接する㈱ムサシ> <マスコミと電通> <電通とCIA> <自民党とCIA&米国財団>★この関係を解けば今回の選挙が見える。下記の図は某TV局社員より投稿 pic.twitter.com/7Tpb2DjC

立ち上がった電子投票ビジネスを覆う暗雲――“可児ショック”の激震 (佐々木俊尚 Toshinao Sasaki)
http://homepage3.nifty.com/sasakitoshinao/economist_kanishock.html

***********************************************************************************
●ムサシの職員は、市職員などの立ち会いもなく、誰も見ていない場所で投票機操作ができる。
***********************************************************************************

 ムサシのこの投票機には、画面の4隅をおさせると管理画面に入り、投票カードの排出などさまざまな管理操作が行えることも明らかになっている。現地に視察に行き、投票所でトラブルの一部始終を見ていたあるITメーカーの社員は、こう証言する。「トラブルが起きた際、ムサシの社員が市職員の立ち会いもなく、誰にも見えない場所で投票機を操作していた。公正さが保てるのか、疑問に感じた」(抜粋)

***********************************************************************************
●選挙システムの事業者選定は不透明。選考過程公開に関して選考メンバー、過程は非公開。
***********************************************************************************

 同市選管は今回の選挙で、電子投票機の保守義務についてムサシ職員を選挙事務従事者に任命していた。だがITメーカー社員によると、開票所では市選管職員はほとんど開票機に触れず、ムサシ社員が現場を取り仕切っていたという。もっとも、ムサシ側は「あくまでアドバイザーに徹しただけで、機械には触っていない」(河村部長)と否定している。
 そもそも、なぜムサシが選定されたのか。同市選管は「今年4月の選定段階では、電子投票の納入実績のある企業は1社しかなかった。実績の比較は行いかねるし、入札金額の多寡だけで選定するのは適当ではないと判断し、5つの業者に対してプロポーザル(提案書)方式によって選定した」と説明する。
 だがその選考過程については、詳しい内容は明らかになっていない。地元可児市の市民運動「可児電子投票を問う会」(市村直人代表)がこのプロポーザル委員会のメンバー構成と選考過程を情報公開請求を市に行ったが、公開を拒否されている。同会は選挙無効の異議申し立てを市選管に対して行ったが棄却され、現在県選管に申し立てを行っている最中だ。同会の加藤匡子さんは「なぜ今回の電子投票でこれほど不明朗、不可解なことが行われたのか。それを明らかにしてほしい」と話す。

【( 株)ムサシ本社は汐留電通本社のそば 】 なかなかおもしろい会社です。 2月の決算予測は4月に上方修正 。 売り上げ4.4%の微増に対して 《 営業利益57%の激増。》 予想配当は10円から25円に 15円も特別配当を加算!! blog.goo.ne.jp/luca401/e/c896…

株式会社「ムサシ本社」は汐留「電通本社」のそば

最も肝心な集計プログラムソフトが「株式会社ムサシという一社に独占」

ムサシ関連会社「ムサシ・エービーシー」は築地「電通テック」のそば
ムサシ関連会社「武蔵興産」は銀座「電通ビル」のそば
ムサシ関連会社ジェイ・アイ・エムは飯田橋「潮出版」のそば

60年代に「ムサシ機関」という自衛隊の秘密諜報機関があったらしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/icbm2629/41555833.html

不正選挙に関する関連ニュース

重要。たぶん不正選挙が行われるだろう。それでも重要。@oha_miyazaki <福島民報>双葉町長が議会を解散 minpo.jp/news/detail/20… … 井戸川町長VS原子力ムラの闘いは町議会解散でクライマックスを迎えることになったが、最後に問われるのは町民の判断。

双葉町の町選管委は来年2月3日を投票日とすることで調整中。選挙システムをどこが提供するのか?また、ここでも不正選挙疑惑が生まれるのか、要注目。不正選挙疑惑のある第46回衆議院選挙では原発推進派の圧勝。現役東電社員の高萩文孝氏 対 井戸川町長 の戦い。民意は反映されるのか。

1 2 3 4





このまとめへのコメント7

  • Isreasameさん|2013.12.11

    民主党政権下でも選管や選挙関連の企業は変わらないのではないのでは?
    不思議な論理の筋道のコメントがつく不思議。

    都議選では公明党得票が二倍
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11559799083.html
    自+公の比例表と小選挙区票が完全一致
    http://ameblo.jp/ghostripon/entry-11581448228.html

    二大政党制とか誤魔化しでしかありません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • nakadajunさん|2013.02.04

    読んでいただけたら幸いです 不正選挙マジック 種明かし大公開!! と10以上の不正選挙「証拠」グラフhttp://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/

  • oolonghaiさん|2013.02.01

    民主党政権下で自民党に有利な不正はおかしいとの指摘があるが、今回の疑惑の核心は政党ではなく原発政策である。

  • nakadajunさん|2013.01.30

    日本各地で共産候補が票を伸ばしているのに「比例 共産」票は激減! 地方自治体HPを見てください「比例 共産」が増えているケースは皆無。共産党支持者が比例で違う党に投票しますか?http://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/不正選挙は「ムサシ」一社で簡単にできますhttp://www.mag2.com/m/0001577514.html

  • kikori2660さん|2013.01.03

    お前らさーいい加減現実から目をそらすの止めようよ。未来の党のどこに勝つ要素があったってんだよ。開票のシステムも知らんで「得票数が不自然だ!」って馬鹿だろ。

  • a_nightbreedさん|2012.12.25

    民主党政権下で自民党に有利な不正があった、という不思議な論理の筋道。下野していた間にそんな手配ができるなら、政権与党であった時点の方が手配が楽なはず。そして自民党が下野するはずもない。

1

oolonghaiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう