1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

知らなかった!出世している人の仕事術

知らなかった!出世している人の仕事術

更新日: 2012年12月23日

htht100さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3456 お気に入り 329065 view
お気に入り追加

上司に気に入られること

人事評価するのは、あくまでも人間であることを忘れないように。「会社の発展」ではなく、「上司の発展」に役立った結果として出世するのである。

仕事ができる人は、無能な上司に楯突いて左遷されるタイプ。
仕事はそっちのけで上司に媚売るタイプは出世します。

上司の仕事をとる

上司の仕事をとろうという発想で仕事をしている人を世間が放っておかないことだけは間違いありません。一段高い視点を持って仕事に取り組むというのは、こういうことをさすのではないでしょうか。

部下をうまくつかう

「自分はできないので、人にやってもらうしかなく、それを自覚するゆえか愛想がよく、まわりも思わず手を貸したくなる。実際、こういう人がリーダーになると組織は活性化する。例えば会議でも、まず彼がダメなアイデアを口にする。部下たちは"そんなんじゃダメですよ"と思い、次々とアイデアを出す、というか出しやすくなるのだ。

出典http://blog.livedoor.jp/nigaii/archives/51800983.html

コミュニケーション能力

仕事が出来るのに出世しない人 → 内向的な人
仕事が出来ないのに出世する人 → 社交的な人
要は仕事の能力ではなく、自己アピール力が出世に影響した結果だと思います。

出典http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118646041

ある程度の存在感がある

「この人になら安心して何でも任せられる」といったたぐいの周囲からの信頼が、その人の存在感となっているようです。

仕事の仕方

ハイペースで出世する人に共通する考え方は「常にひとつ上の役職視点で仕事をしている」ということである。例えば、課長であれば部長の視点で仕事をする、部長であれば役員の視点で仕事をするということである。

仕事はまず手を抜くことを考える

質を落とさずもっと効率的にできないか、もっと楽にできないか、ということに気持ちが向かないようでは、いつまでたっても“進化”していくことはできないのです。

「『当たり前』のレベルを上げる」「例外対応能力を高める」

そんなときでも基本的に相手の役に立とうという方向で努力できる人と、例外に出くわすと思考停止する人とでは、大きな差が開くのも当然かもしれません。

出世する人は、人と違ったことをする

変わっている人、ということではなく、まだ誰も手をつけていないような市場を開拓する、ということです。新しい市場には競争相手はいないわけですから、自分の思う道を突き進んでいくことができます。

具体的にしていること

出世する人は、電子メールと対面を使い分ける

相手とのコミュニケーションのツールに何を使うのかについては、ツールの特徴をよく考え、ケースバイケースで判断する必要がある。

何でも具体化・数値化する

具体化・数値化すると、曖昧なことがなくなり頑張りやすいのです。出世する人は、それぞれ成功体験を積み重ねてきているので、常日頃から具体化・数値化が自然とできるのです。

社内の出世頭であるAさんは自分の名刺1枚にある加工をしている。自身の名刺の役職部分にひとつ上の役職を手書きで記入しているのである。彼はその名刺を手帳にはさんだり、携帯電話の壁紙にしてできるだけ1日1回以上見るようにしている。

高い問題意識を絶えず保てている

どうすればより速く作業を終わらせることができるか、自分の仕事のどこを改善すべきかなどといった、高い問題意識が絶えず頭の中にあるようです。

周りに細かい気配りができる

協調性が豊かで、周りに細やかな気配りと配慮ができ、よく気が付くタイプの人の方が出世しやすいようです。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

htht100さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう