1. まとめトップ
  2. おもしろ

トイレットペーパーが5,000円!富裕層が使う とんでもない日用品

世の中の富裕層が使っているであろう高級な日用品をまとめてみました☆

更新日: 2013年05月29日

parsley0922さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
477 お気に入り 390441 view
お気に入り追加

トイレットペーパー(3ロール 5,000円)

「羽美翔」(はねびしょう)という名前の
トイレットペーパー。

この3ロールで、なんと5,000円。
つまり、1ロールで1,666円。

庶民には考えられない値段。

こんな立派な箱に入れられて届きます。

トイレットペーパーが箱入りというのも、
なんだか不思議な感じです。

こちらのお得な8ロール入りは、価格1万円。

「定期便」といって、
毎月届くサービスを利用すると、
1ヶ月9,000円で購入できます。


皇室に献上されている品としても有名です。

ビニール傘 (1本4,800円)

究極のビニール傘 1本4,800円。

選挙の時に使用されるビニール傘として、
テレビなどで取り上げられました。

写真は、このビニール傘を作っている
ホワイトローズ株式会社の社長。

透明度が普通のビニール傘よりクリア
なんだそうです。

紙袋 (3万円)

本当に"紙"で出来てます。

正真正銘「紙袋」

なのに、定価3万円。

ジル・サンダーというブランドが発表した
高級紙袋。

発売と同時に
海外の富裕層にバカ売れしました。

どう見ても、普通の紙袋です。

海外のセレブには、
このジル・サンダーの紙袋の中に
サンドイッチを入れてランチを食べる
とかいうのが流行ったみたいです。

さすが、セレブ(?)

消しゴム(1個 1万2800円)

「世界一値段が高い消しゴム」として、
話題になったGucciの消しゴム。

価格 12,800円

黒色の革ケース付き。

消しゴムの表面には、
グッチのGマーク模様のデザインがあります。

爪楊枝 (1本 6万9800円)

18金製の爪楊枝です。

表面だけ18金メッキを施したのではなく、
全部が正真正銘の金で出来ています。

1本 約7万円。

本物の金なので、
基本的に世界中で換金可能です。とのこと。

万が一のときに貴重な現金となります。

歯磨き粉 (1本3,150円)

他の高級日用品に比べて、
なんだか安く感じてしましますが、

1本3,150円の歯磨き粉も、なかなか(高い)

APAGARD(アパガード) の歯磨き粉
「薬用ハミガキ アパガードロイヤル 」

内容量:135g。

爪切り (157万円)

作業用工具の国内トップメーカー
「マルト長谷川工作所」が作りました。

見た目じゃなくて、
切れ味もとても良いそうです。

鉛筆 (1本 2万6250円)

一生に1度は使ってみたい。と言われる、

ドイツの筆記具メーカー
「ファーバーカステル社」の
世界最高クラスの鉛筆。

定価:26,250円

木箱に入れられて届きます。

折れにくい芯と徹底して材質に
こだわった持ちやすい消しゴム付き鉛筆です。

石鹸 (1個 10万5000円)

泡1つが1000円とかの世界ですね。


写真は、石鹸の入っているケース。
残念ながら中身は非公開。

6ヶ月以上もかけて丁寧に作られ、
さらに6ヶ月寝かせて完成させているとのこと。

それぞれの石鹸はシリアルナンバーつき。

株式会社バロックスが作っています。

高級石鹸のFAIV KEI(ファイブケイ)

関連リンク

1 2





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

parsley0922さん

小動物やデザイン、建築、心理学など自分が「こ・・・これは!Σ(゜o゜)」(笑) と思ったものをまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう