1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

眺めるだけで楽しいドローイング装置たち

ニッチなようで実は、様々な形式でかなりたくさんある!その中から、描いてる姿が魅力的だと感じたものを選りすぐってまとめました!

更新日: 2012年12月30日

383 お気に入り 109406 view
お気に入り追加

ドローイング/ペインティング・マシーンズ!

ドローイングマシン、ドローイングロボット、ペインティングマシーン、、、など呼び方は色々ありますが、これらはニッチなようで実は、様々な形式でかなりたくさんある!

ということで、描画後より描画中の状態に重点を置いて&動作のバリエーションが豊富になるよう、まとめてみました☆

Sandy Noble|Polargraph

出典 Vimeo

機械ならではの規則性がある描画ながら、垂直ではなく円弧で描かれていくのが魅力的です。
そして構造もアナログとデジタルのいいバランス!

Patrick Tresset|6 Robots Named Paul

日本語で紹介しているサイトがなかったので、簡単に直訳で説明すると、賢いロボットたちがあなたのポートレイトを描いてくれるらしいです!(見たまんまや)
同じソフトウェアを使用しているにもかかわらず、それぞれのロボットは、それぞれ自分の個性、テクニックやスタイルを持って描画するらしいです。

自分を描いてくれるというのがワクワクします!そして、できあがったドローイングも、抜群に味があり美しいとおもいました!

David Bowen|sonar drawing device

回転しながらソナー(超音波探測機)で作品と周囲の空間,人,物体との距離を計測し,それに基づいて先端に木炭のついたアームを動かしている

出典 Vimeo

環境をトリガーにした予測不可能な描画と、円状で回転しながら描かれていくのが魅力的です。
この他、ハエの動きをトリガーにしたものなどいくつかのドローイングマシンの作品があります。

Andreas|The Automatic Drawing Machine

こちらも引用できる日本語サイトが見あたらなかったのですが、簡単にお伝えすると、古いエプソンプリンターの部品の一部でつくられているとのこと!すごい!

出典 Vimeo

上記に書いた通り、元はエプソンプリンターだったとは思えない!w
このミニマルさが魅力的なのはもちろんのこと、支えになっている脚すらペンシルになっているところと動きにグッときます!

Eske Rex|Drawingmachine

このちょっとマニアックなドローイングマシンは、ルネッサンス時代に発明された「Harmonograph」を応用したもの

出典 Vimeo

けっこう大きくて現物はなかなかの迫力だと思われます!
2つの振り子の動きで描かれるシンプルな構造。
電気を使わないアナログなこの方法でもこんな素敵で立派なマシンができるんですね。驚

fxstg|contraption painting machine

こちらの作品については説明しがたいので、早速動画みてくださいw

出典 Vimeo

装置自体は、手動で注射器によって水が加えられていたりしてなんとも難儀な!というのが第一印象でしたw その難儀さが魅力的に感じます。筆での描画も滲みや垂れが眺めていて美しいです。ロール紙であることも、他のドローイングマシンとの違いを感じます。

Anton Perich

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

まぁきー22さん

登録してみました♪



  • 話題の動画をまとめよう