1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

クモの糸をヒントにして作られた驚きの技術

蜘蛛の糸から楽器の糸を作ったという話をTVで見かけておもしろい!と思い他にもないかなー?と調べると蜘蛛からヒントを得て作られたものがほかにもありました。誕生したきかっけなどまとめてみます。

更新日: 2012年12月27日

Bridgetさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
335 お気に入り 139902 view
お気に入り追加

世界中から注目される「クモの糸」の凄さ

鋼鉄より強く、ケブラーより柔軟性が高い

※ケブラーとは同じ重さの鋼鉄と比べ5倍の強度を持ち、飛行機や防刃ベスト等に使われている素材です。
通常の長さから40%、途切れさせずに引き伸ばすことが可能なほど強靭な性質です。

「強靭さ」と「柔らかさ」2つの性質を併せ持っている優れた素材

人間の毛髪の10分の1の太さで400℃の熱にも耐える

時速30キロを超える速さでハチが飛んできても破れずに捕まえる強度を持つことでも知られています。

ただ、大量生産が難しい…

カイコのようにまゆを作るわけでもないので、糸を集めるのが難しい

しかし、日本企業が『人工クモ糸』の開発に成功!

■スパイバー株式会社

山形県鶴岡市にあるベンチャー企業。

自動車部品メーカーなどとの共同開発に着手、3年以内に量産へと動いている。

会社HPhttp://www.spiber.jp/

徹夜の飲み会で「世界一強い虫は?」という議論の結論がきっかけ

猛毒を持つスズメバチではないかと結論付けられたが、「それを食べてしまうのはクモ」という結論から社長は興味を持ったそうです。

クモ糸の遺伝子から『人工クモ糸』を創りだした

クモ糸の情報から人工的に再現した遺伝子を特定の微生物に組み込み、培養する、試行錯誤を繰り返し、クモの糸と同じたんぱく質を作る事に成功しました。

その技術を応用し石油製品に頼らない素材の製品化に挑んでいる

フィルムや樹脂など世の中に存在しない新たな“クモ素材”を作る研究も続けています。

他にも『クモの糸』をヒントに応用技術の発見も

■大﨑茂芳

現在は奈良県医科大学医学部教授。

クモの糸で作った紐に自らぶら下がり話題となる。

粘着剤の会社にいた時、科学雑誌に載せる「粘着とクモの糸」の記事の依頼を頼まれ、調べる内に惹かれた

以前は、シールなどに使う粘着剤の研究に携わっていたそうです。その時依頼を受け、ちゃんと蜘蛛について知って置かなければ…と調べ始めて蜘蛛の魅力に引き込まれたそうです。

よりあわせたクモの糸に強度があることを発見!バイオリンの弦に

1本の弦に使われるクモの糸は1万本というものすごい数。
クモの糸をより合わせることでさらなる強度が持てることを発見し、バイオリンで実際に試してみた。

そこからヒントを得て、ナイロンを通常の2倍の強度にする技術を発見

ナイロン繊維でも融点近くの軟らかくなる温度(140~160度)でねじって圧力をかけると同様に隙間がなくなることを確認し、強度は2倍になるというのを蜘蛛の糸をヒントに発見しました。

ポリエステルなどでも応用可能で、コストダウンに期待される

あらゆる工業分野で新たな素材開発やコストダウンといったメリットをもたらすと期待されています。

世界でもクモ糸の応用に期待が高まる

「一部にダメージを受けても、全体の構造が損なわれない」という特徴をインターネットのようなネットワークを設計する際に役立てられる

「クモの巣にたまる水滴」を応用して、空中の水分の収集・蓄積が可能な人工フィルターが開発できると期待している

蜘蛛の巣の表面に凝結した水分は、ある程度まで溜まると、表面張力に従って滑らかな接合部の表面を伝ってこぶに集まり、蓄えられて大きな水滴となっていたという研究結果から期待が持たれています。

出典wired.jp

コガネグモ科のメスのクモ100万匹以上から採取された、金色の糸を使いつくられた織物などもあります。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

Bridgetさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう