1. まとめトップ

1000円程度で買える本当に美味しいウイスキーまとめ

酒呑みが美味しいウイスキーを教えます。初めての人もよく飲んでる人も1000円程度で幸せな気持ちになってください。注:このまとめに記載された価格情報はやや古いものとなっているため、1000円程度で買えないものも多く存在しています。

更新日: 2015年11月19日

minipureさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
218 お気に入り 202461 view
お気に入り追加

言わずと知れたジョニーウォーカーの赤ラベル。通称ジョニ赤です。最もよく知られたスコッチウイスキーの一つと言われています。値段は安いもので1200円ぐらいですが、1500円ぐらいが相場でしょうか。香りもとてもよく、癖もないのでこの価格帯のウイスキーの基準とも言えるウイスキーです。この価格帯のウイスキーでどれを買えばよいか迷っている人はとりあえずジョニ赤を買っておけば間違いありません。

バラのラベルが綺麗なバーボンウイスキーのフォアローゼズです。手軽に手に入るバーボンウイスキーです。とうもろこしやライ麦を使っているので香ばしいような甘い香りがします。値段は1500円ぐらいが相場です。昔ドン・キホーテで999円で売っていました。たまにグラスがおまけでついてくるのでそれも狙い目です。また、フォアローゼズの由来に関する素敵なエピソードについては公式サイトをご覧ください。

有名なスコッチ、バランタインの一番手軽なウイスキーです。値段は1200円程度とかなり安いのですが、味の方は申し分ないです。癖もなく飲みやすく甘い香りがとても美味しく感じられます。この味が気に入った人はバランタインの12年物や17年物に挑戦してみるといいかもしれません。より芳醇で力強く、それでいて優しい味わいを楽しめることでしょう。飲みやすさや値段を考慮すると、このまとめ中でバラファイが最も手軽で飲みやすいといえるかもしれません。バラファイがきついという方も12年以上のウイスキーを飲んでいただきたいとは思っていますが。

ウイスキーといえばブラックニッカを想像する人も多いと思います。でもコンビニ等でよく見かけるのはブラックニッカクリアのほうです。このウイスキーはブラックニッカ8年と呼ばれています。8年というのは熟成させた年数のことを表しています。価格は1500円ぐらいです。ジャパニーズウイスキーらしく木の樽の香りと優しい熟成香が漂ってきます。バーボンやスコッチとは違ったジャパニーズウイスキーの味に酔いしれてください。

キリン富士山麓50°の名の通りアルコール度数が少し強いジャパニーズウイスキーです。ほとんどのウイスキーがアルコール度数40度なのですが、富士山麓は50度です。量は少なめですが、アルコールの総量だけ考えると一般的なウイスキーよりも多いので長く飲めますね。価格は1000円程度で売られています。かなりお得です。癖が強く私はあまり得意ではなかったのですが、その癖にハマってしまう人もいるので一度飲んで見る価値はあります。

世界で最も売れているバーボンです。値段も手ごろで癖がなく飲みやすいところが魅力です。ストレートでもロックでもハイボールでもおいしく飲むことができるのでぜひ買ってみてください。上に挙げたフォアローゼズもかなり飲みやすいのですが、それ以上に飲みやすいのでウイスキー初心者であっても一瓶ぐらいすぐに空けてしまうことでしょう。ただ、バーボンらしい味わいはそれほど強くないので、もっと尖ったものが飲みたいときは、やや価格が高めのワイルドターキーなどを飲んだ方がいいと思います。ジムビームホワイトは安いもので1000円ぐらいで買うことができます。

癖のないカナディアンウイスキーです。ウイスキー初心者の方でも飲みやすく、ストレートでもハイボールでも美味しく飲むことができます。ほんのりとバーボンのような味わいもあり、飽きのこない飲み口になっています。1000円程度で売っていることも多く、常備しておくにはピッタリのウイスキーです。

1





minipureさん

すべての人に役立つ情報をまとめていきます

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう