1. まとめトップ

《新成人》知ってた?二十歳になったら変わること

今年成人式を迎えるあなた、二十歳を夢見るあなたに送る!二十歳になるとなにが変わるの?なにができるの?の疑問をまとめます。(成人式には未成年の人も参加しているのでいろいろと気をつけましょうね)

更新日: 2016年06月21日

takatsuki460さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
73 お気に入り 264407 view
お気に入り追加

▼成人するってどういうこと?

成年に達した者を成年者といい、未成年者はこれと対する概念である。一般に大人というと成年者などを指すことが多い。また、成年に達することを「成人する」「成人になる」という。

日本における成年の定義

日本では、民法第4条の「年齢二十歳をもって、成年とする。」という規定に基づき、20歳以上の者を成年者としている。

▼成人するとなにができるようになるの?

※ 選挙権に関する法改正がありました

平成27年6月、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました(平成28年6月19日施行)。
 今回の公職選挙法等の改正は、年齢満18年以上満20年未満の者が選挙に参加することができること等とするとともに、当分の間の特例措置として選挙犯罪等についての少年法等の適用の特例を設けることを目的として行われました。

選挙に参加できる年齢が満20歳から満18歳に引き下げられました。

刑事裁判の裁判員に選ばれる可能性があります

裁判員制度は、日本に約1億人いる衆議院議員選挙の有権者(市民)から無作為に選ばれた裁判員が裁判官とともに裁判を行う制度で、国民の司法参加により市民が持つ日常感覚や常識といったものを裁判に反映するとともに、司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上を図ることが目的とされている。

衆議院議員選挙の有権者となるため、裁判員になる可能性が生じます。

お酒が飲めるようになります

未成年者飲酒禁止法(みせいねんしゃいんしゅきんしほう)は満20歳未満の者の飲酒の禁止に関する日本の法律である。

未成年者飲酒禁止法第一条「満20歳未満の者の飲酒を禁止」に該当しなくなるため飲酒が可能になります。

たばこが吸えるようになります

未成年者喫煙禁止法(みせいねんしゃきつえんきんしほう、明治33年3月7日法律第33号)は、満20歳未満の者の喫煙禁止を目的とする法律である。

未成年者喫煙禁止法第一条「満20歳未満の者の喫煙を禁止」に該当しなくなるため喫煙が可能になります。

競馬・競輪など公営競技の投票券が購入できるようになります

日本では各根拠法の定めにより、未成年者(満20歳未満の者)は投票券を購入したり譲り受けたりしてはいけない。

公営競技というのは競馬・競輪・競艇・オートレースのことです。競馬法、自転車競技法などによる未成年者の購入・譲渡の禁止に該当しなくなるためこれらが可能となります。
以前は二十歳以上でも生徒・学生は購入できませんでしたが現在は法改正により購入可能となっています。

ローン契約や賃貸契約など契約行為に親の同意がいらなくなります

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

民法第5条第1項により「法律行為」に親(代理人)の同意が必要とする制限が無くなります。
遺言・賃貸契約・会社の設立行為なども「法律行為」にあたります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E8%A1%8C%E7%82%BA

▼そのほかには?

国民年金への加入義務が発生します

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、老齢・障害・死亡の保険事故に該当したときに「基礎年金」を支給する公的年金制度である。

日本国内に居住している20歳から60歳までの方は、国民年金の被保険者となります。20歳になれば、一部の人々(※)を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です。

(※)厚生年金保険加入者や共済組合加入者、またはその配偶者に扶養されている人

やらかすと実名報道されます

親の同意無く結婚できます

第737条
1. 未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。
2. 父母の一方が同意しないときは、他の一方の同意だけで足りる。父母の一方が知れないとき、死亡したとき、又はその意思を表示することができないときも、同様とする。

民法第737条に未成年者の婚姻については原則として父母の同意を条件とする旨を定めた規定があります。

民法四編第二章に婚姻についての取り決めが記されています。日本では、男性は18歳、女性は16歳にならなければ結婚はできません。婚姻適齢年齢に達していても、未成年の場合は父母の同意が必要です。

養子を迎えることができます

養親となる者は成年者(満20歳以上)でなければならない。未成年者は養親となることができない。民法では成年者以外の要件を定めていないので、配偶者のない者でも、また成年被後見人であっても単独で養親となることができる。

民法第792条より。養親とは養子縁組によって親となった人のことです。

取得できる免許・資格の幅が広がります

1 2





takatsuki460さん

気になることをまとめまとめ。



  • 話題の動画をまとめよう