1. まとめトップ
  2. カラダ

家族がノロウイルスに感染!?「ノロウイルス対策グッズ」で家庭内感染防止!!

知人がノロウィルスに感染したと聞き、他人事だったノロウイルスが一気に現実味を帯びてきました。家族が感染した時、家庭内で感染を拡大させないための「ノロウイルス対策グッズ」を調べてみました。

更新日: 2013年03月15日

hanako711さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
632 お気に入り 351953 view
お気に入り追加

感染者の嘔吐物や便を適切に処理することが、感染を拡大しないためにとても重要なポイントとなります。

対策グッズ 1:使い捨て手袋やマスク、エプロン、ペーパータオル

使い捨て手袋やマスクを着用し、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム1000ppm)で消毒しましょう。

吐ぶつが乾燥するとウイルスが飛散して感染することもあるため、乾燥する前に処理することが重要なポイントです。

対策グッズ 2:家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチなど)

ノロウイルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウム(市販の塩素系漂白剤など)の使用か、85℃で1分以上の熱処理が有効です。

次亜塩素酸ナトリウムの濃度は、汚物を拭き取ったペーパーや拭き取った跡など、糞便や吐物の汚染濃度が高いものには、0.1%(市販の塩素系漂白剤であれば、50倍希釈したもの)を使用します。手を洗った後の洗面台や、汚染された手で触った可能性のあるものについての消毒は、0.02%(250倍希釈したもの)で十分です。

市販されている家庭用塩素系漂白剤(ハイター、ブリーチなど)の濃度は、約5%です。

洋服やリネンなどは、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒か、85℃で1分以上の熱湯処理を行った後、洗濯するとよいでしょう。

対策グッズ 3:スチームアイロン

ノロウイルスは85度、1分間以上の熱消毒でも死滅する。スチームアイロンを2分以上当てると表面が85度になる。カーペットなど漂白剤で変色する可能性がある場所などで有効だ。

ノロウィルスとは

冬に流行するノロウイルス。 感染力が非常に強く、ウイルスがついた手や食べ物などを介して口から感染し、激しいおう吐や下痢を引き起こします。

感染から発症までの潜伏期間は24~48時間です。つまり食事が原因だったとしても、症状が出てくる直前の食事のせいではなく、前日もしくは前々日の食事が原因だったりするのです。

主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱です。症状はいきなり起こることが多く、夜に床につくと突然お腹からこみ上げてくるような感触と吐き気を催し、我慢出来ずに繰り返し繰り返し吐いてしまいます。

症状は1~3日続くが、後遺症は残らない。

まれに、1日あたり20回以上の下痢症状を呈し、脱水症状になることもある。その場合、入院と点滴などの特別な処置が必要となることがある。

自覚症状がなくなってからもウイルスの排泄が続く事がある。

特効薬はありません。症状の持続する期間は短いですから、その間に脱水にならないように、できる限り水分の補給をすること(場合によっては病院で点滴をしてもらって)が一番大切です。

抗生物質は効果がありませんし、下痢の期間を遷延させることがあるので、ノロウイルス感染症に対しては通常は使用しません。その他は吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が一般的です。下痢が長びく場合には下痢止めの薬を投与することもありますが、最初から用いるべきではありません。

感染経路

ノロウイルスはどのような経路で感染が広がるのでしょうか?

(1)ノロウイルスに感染した人が調理した食べ物を食べ感染する。
(2)ノロウイルスが大量に含まれた患者の便やおう吐したものを処理した手などを通じて感染する。
(3)処理が不十分な場合、乾燥したあとウイルスが空中に舞い、口に入って感染する。

感染予防のポイント

手洗い

・ 日ごろから、調理前後、食事前、トイレの後などに、石けん(液体石けんが推奨されます)を使って、流水で手をしっかりと洗いましょう。→ 手をしっかり洗いましょう
・ 手洗い後のタオルは共用せず、個人用タオルかペーパータオルを使用しましょう。

食中毒の予防

・ カキなどの二枚貝は、中心部まで十分に加熱しましょう。湯通し程度では、ウイルスは死滅しません。 特に高齢者や乳幼児では注意しましょう。
・ 貝類を調理したまな板や包丁は、すぐに熱湯消毒しましょう。
・ 野菜、果物などの生鮮食品は、水道水で十分に洗いましょう。
・ 調理する際、食事の前、トイレの後には、よく手を洗いましょう。

おう吐物、便の処理(ウイルスによる感染性胃腸炎)

・ ウイルスによる感染性胃腸炎では、感染している人のおう吐物、便から二次感染します。
ウイルスが乾燥すると、容易に空中に漂い、その飛沫(ウイルスを含んだ小さな水滴、1から2m程度飛散)をわずかでも吸い込むことで感染するため、処理する際には次の「3原則」を守りましょう。1.すばやく処理する    2.乾燥させない   3.消毒する

1





hanako711さん



  • 話題の動画をまとめよう