1. まとめトップ

auからも発売決定!『HTC One』(HTC J One HTL22)

HTCの2013年フラグシップスマートフォン「HTC One」。4.7インチのフルHD液晶、Snapdragon 600 1.7GHzクアッドコアCPUなど、現状最高峰のスペックを誇ります。日本ではauから、日本独自機能を追加した『HTC J One HTL22』として発売。

更新日: 2013年05月30日

faruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 251297 view
お気に入り追加

HTCは2月19日、新フラグシップモデルとなる「HTC One」を発表。

画素密度469ppiを実現する4.7インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイや、Qualcommの最新チップ「Snapdragon 600」(1.7GHzクアッドコアCPU)、新技術「HTC UltraPixel Camera」を採用したカメラなどを搭載します。
です。

日本ではauからワンセグ、おサイフ、赤外線機能が追加された日本独自モデル『HTC J One HTL22』として発売されます。

※特別言及していない部分については、すべて日本版『HTC J One HTL22』のスペックに基づいています。

□主なスペックや機能

5.0インチより一回り小さい4.7インチながらフルHD(1920x1080)の解像度を持つ超高精細ディスプレイを搭載。

画素密度は468ppiとなり、HTC J butterflyの440ppiやiPhone5の326ppiを大きく上回ります。

筐体はアルミニウム素材でデザインを一新。

フルメタルボディで高い質感を実現し、背面はサイドから中央部に向けてなだらかな曲面を描いており、フィットしやすい形状になっています。

前面上部と下部にはステレオ再生に対応したデュアルスピーカーを備えます。

サイズ(高さ×幅×厚さ)は、
【グローバル版】137.4×68.2×9.3mm/約143g
【日本版】138×69×10.5mm/約157g

ボタン配置は中央にHTCロゴ、右にホームボタン、左に戻るボタンという独特な配置に。

従来機種では中央にホームボタン、左側に戻るボタン、右側にアプリ起動履歴ボタンがありましたが、アプリ起動履歴ボタンがなくなっています。

ボタンの仕組みを説明すると、戻るボタンは従来通りで、操作のキャンセルや前の画面に戻る機能を提供します。
ホームボタンは、シングルタップでホーム画面に戻る、ダブルタップでアプリ起動履歴を表示、長押しでGoogle検索(Google Now)を表示する仕組みです。

中央のHTCロゴにボタンとしての機能はありません。

Qualcommの最新チップ「Snapdragon 600 APQ8064T」を搭載。1.7GHzクアッドコアCPUで高い動作パフォーマンスが期待出来ます。

RAMは2GBで、ROMは32GBと64GBの2つのモデルが用意されています。

microSD等の外部メモリーには非対応

OSはAndroid 4.1.2 JellyBean。

HTC独自UIのHTC Senseは従来の4.xからバージョンアップされ、「HTC Sense 5.0」が搭載されます。

「HTC BlinkFeed」はニュースやTwitterやFacebook等のソーシャルサービスの新着情報を、タイル状のインターフェイスでリアルタイムに表示します。

最新のコンテンツが集約され、複数のアプリケーションやWebサイト間をジャンプする必要がなくなります。

UltraPixelとは、CMOSセンサの「個々の画素の物理的サイズ」を大きくする事で、センサーに取り込める光の量を従来の3倍に高める技術。

レンズもF値2.0と非常に明るいレンズを採用し、解像度が400万画素に制限される一方で低照度撮影性能が大きく向上しています。

30fpsのHD動画や、逆光などでもきれいに撮れるHDR動画の撮影も可能です。

フロントカメラには有効画素数約210万画素で、88度の広角レンズを採用。

HTC Oneの新機能「HTC Zoe」は、シャッターを押す1秒前から4秒間20枚の写真とシャッターを押してから3秒間のフルHD動画を1シャッターだけで撮影。

後からベストな1コマを選ぶことができます。
この「HTC Zoe」はベストショットの抜き出すだけでなく、合成処理することにより様々な活用方法があります。

◯笑顔を選んで合成。みんなが笑ってる奇跡の一枚に。

「HTC Zoe」で撮影すれば、後から「スマイルレタッチ」で、目を閉じてしまった人など変えたい人の顔をタップすることで、連続して撮影された中からベストな笑顔を選ぶことが可能です。(最大10人まで対応)

◯通行人などを自動で削除。すっきりとしたベストな一枚に。

「HTC Zoe」で撮影すれば後から「オブジェクトの削除」で、自動的に通行人など動いていたものが削除できます。

◯連続撮影した写真を合成。動きを感じる一枚に。

「HTC Zoe」でシャッターボタンを押して撮影すればその中から5コマを一枚の写真に合成でき、ストロボ撮影のような写真の撮影が可能です。


この他、「スローモーションモード」での撮影や「肌を滑らかに」「顔の輪郭」「アイエンハンサー」「赤目除去」「目を明るく」「照明」「てかり防止」の7つのツールで加工することもできます。

Smart Flashは、被写体との距離によって自動的にフラッシュの光量を調節する機能。

その他にも光学式手ブレ補正機能をはじめ、HDR動画撮影やスローモーション動画の撮影も可能と、充実したカメラ機能を備えています。

動画の再生速度を調整することも可能です。

フロント上部にステレオのデュアルスピーカーを搭載。

専用の内蔵アンプやBeats Audioにより高品質で迫力あるサウンドをヘッドフォン/イヤフォンだけでなく、スピーカーでも楽しむことができます。

2つのマイクを搭載し、周囲の騒音、ノイズを検知し、通話音声を大きくクリアにする「Sense Voice」機能を搭載。

バッテリー容量は2,300mAhで取り外しは不可。
HTC J butterflyより一回り小さいながら、バッテリー容量は2,020mAhから増加しています。

その他、NFCやTVのリモコンとして使用出来る「HTC Sense TV」に対応。

一方で防水・防塵機能には対応していません。

レッドは一部地域のみ

※日本ではホワイト、ブラックの2色

6月上旬に発売予定。

LTE 2100(B1)/1500(B11)/800(B18) MHzのトライバンドLTE。

ワンセグ、おサイフ、赤外線通信の3つの日本独自機能を追加し、microSD等の外部メモリに対応した影響かサイズはグローバル版より少し大きくなっています。

【グローバル版】
サイズ(高さ×幅×厚さ):137.4×68.2×9.3mm
重さ:約143g
【日本版】
サイズ(高さ×幅×厚さ):138×69×10.5mm
重さ:約157g

カラーはホワイトメタル、ブラックメタルの2色のみ

グローバル版からの大きな変更点としては以下のとおりです。

・サイズ:138×69×10.5mm/約157g
・ワンセグ
・おサイフケータイ(FeliCa)
・赤外線通信
・リアカバー取り外し可(バッテリーは着脱不可)
・microSD等外部メモリに対応

※防水防塵は非対応です。

【発売予定日】
ホワイトメタル:6月1日
ブラックメタル:6月下旬

【本体価格】65,520円
毎月割は1,470円×最大24ヶ月の総額35,280円(1,470円/月)。
24ヶ月利用した場合の実質負担額は30,240円(1,260円/月)。
新規契約・機種変更、MNPともに同額。

□詳細スペック・紹介動画

【HTC J One HTL22】詳細スペック(★はグローバル版からの主な変更点)

★サイズ(高さ×幅×厚さ):138×69×10.5mm
★重さ:約157g
ディスプレイ:4.7インチ フルHD(1920×1080)液晶
OS:Android4.1.2 Jelly Bean
CPU:1.7GHzクアッドコア(Qualcomm Snapdargon 600 APQ8064T)
RAM:2GB
★ROM:32GB
★外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)
メインカメラ:400万画素裏面照射型CMOS(HTC UltraPixel Camera、f値2.0、HDR動画撮影、1080pフルHD動画撮影)
フロントカメラ:210万画素CMOS(88度ワイドアングル、1080p フルHD動画撮影)
★Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n(2.4GHz&5GHz)
Bluetooth:4.0
★4G LTE:LTE 2100(B1)/1500(B11)/800(B18) MHzのトライバンドLTE
★ワンセグ:◯
★おサイフ:◯
NFC:○
★赤外線:◯
防水:✕
防塵:✕
バッテリー容量:2300mAh(着脱不可)
★連続通話時間:約820分
★連続待受時間:約450時間(3G) / 約370時間(4G LTE)
★カラー:ホワイトメタル、ブラックメタル
その他:HTC sence 5.0、デュアルフロントステレオスピーカー

【参考】※グローバル版HTC Oneの情報です

サイズ(高さ×幅×厚さ):137.4×68.2×9.3mm
重さ:約143g
ディスプレイ:4.7インチ フルHD(1920×1080)液晶
OS:Android4.1.2 Jelly Bean
CPU:1.7GHzクアッドコア(Qualcomm Snapdargon 600 APQ8064T)
RAM:2GB
ROM:32GB/64GB
外部メモリ:非対応
メインカメラ:400万画素裏面照射型CMOS(HTC UltraPixel Camera、f値2.0、HDR動画撮影、1080pフルHD動画撮影)
フロントカメラ:210万画素CMOS(88度ワイドアングル、1080p フルHD動画撮影)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/ac/b/g/n(2.4GHz&5GHz)
Bluetooth:4.0
4G LTE:対応モデルあり
NFC:○
防水:✕
防塵:✕
バッテリー容量:2300mAh(着脱不可)
連続通話時間:不明
連続待受時間:不明
カラー:ホワイト、ブラック、レッド(一部地域のみ)
その他:HTC sence 5.0、デュアルフロントステレオスピーカー

□関連まとめ

1 2





faruさん

なんとなく始めてみました。



  • 話題の動画をまとめよう