1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

都会のオアシス。一度は訪れたい東京都心の庭園

意外に多い、都心のオアシス。緑あふれる都心の庭園をまとめます。

更新日: 2015年08月30日

1693 お気に入り 335134 view
お気に入り追加

皇居東御苑

東京都千代田区千代田1-1
入園料:無料

広さ約21ヘクタールという広大さ。とにかく広い芝生広場に日本庭園、三の丸尚蔵館など無料なのに見所いっぱい。

旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもの

緑豊かな雑木林に日本庭園や皇室関連の施設、江戸城の遺構などが残されている

苑内は庭園のほか、歴史的な史跡も見ることができ、国内のみならず海外からの旅行者も多く訪れる

宮内庁所管の美術品、絵画など貴重な品々を展示している三の丸尚蔵館(入場無料)もかなりおすすめです。

新宿御苑

東京都新宿区、渋谷区
一般入園料:200円

58.3ヘクタールの広大な敷地は見所いっぱい。"渓流の宝石"カワセミも住み着いている。

もともとは江戸時代に信濃高遠藩内藤家の下屋敷のあった敷地

「日本庭園」、「イギリス風景式庭園」、「フランス式整形庭園」を組み合わせており、樹木の数は1万本を超える

都心では最大規模の庭園です。

日本さくら名所100選に選定されている

桜の名所ですが、近年は開花前の桜を野生化した外来種のワカケホンセイインコが食い荒らすなどの問題も表れています。

六義園

東京都文京区本駒込6丁目
一般入園料:300円

8.8ヘクタール。紅葉の名所で、シーズンにはライトアップも行われる。

徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園

東京大空襲の被害を受けることもなく、造園時の面影を残したまま今日に生き延びた

昭和28年 (1953) に特別名勝に指定されています。

都内を代表する日本庭園として名高く、海外からの観光客も多い

清澄庭園

東京都江東区清澄3-3-9
一般入園料:150円

8.1ヘクタール。中心の広い池が美しく特徴的。

池の周囲に築山や名石を配置した回遊式林泉庭園

東京都指定名勝に指定されています。

ツツジとサツキの植えられた「つつじ山」や池の端を歩けるように石を配置した「磯渡り」などがある

園内には岩崎家が全国から集めたという名石が無数に置かれている

また池には人に慣れた多数のカメがいて、餌をあげたりと楽しめる。

浜離宮恩賜庭園

東京都中央区浜離宮庭園
一般入園料:300円

約25ヘクタールと、都心屈指の広さを誇る。

東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭

海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変える様式を「潮入の池」という。

昭和27年には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定され、その美しさは折り紙つき

大樹揃いの桜が園内に点在すること100本余

見渡す限りの水の御殿で、すぐ足もとの水面に落ちる花々の姿は迫力満点です。

1 2 3





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう