1. まとめトップ
  2. 雑学

助かっても超高額な支払いが待っている遭難の恐怖

最近、山で遭難する人が多いですね。そんな人達は、助かったとしてもその後にお金にまつわる恐怖が待っています。ちゃんとした準備をしていないとどうなるのか情報をまとめてみます。

更新日: 2013年01月08日

2bantoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
204 お気に入り 346768 view
お気に入り追加

Photo by Stockbyte / Stockbyte

県警など行政が動いた場合は、税金から賄われるそうです。ただ救助の時に選ぶことは当然できません。

遭難すると膨大な費用がかかるらしい

Photo by Keith Brofsky / Digital Vision

総額で数百万円かかるケースが多いそうです。

民間ヘリのチャーター代は「1分1万円」

1時間で見つかる可能性は低いので、数百万円はあっという間だそうです。

民間の捜索隊に支払う費用は1人1日3万円~5万円

5人~15人で捜索するケースが多いようなので、冬場だと1日20万~70万円かかる計算になります。

危険度に応じ危険手当も設定される

雪崩など二次災害の危険性がある冬山での捜索は夏山に比べ、費用が高くなります。

もしものための山岳保険

Photo by BananaStock / BananaStock

入会費や年会費を数千円ほど支払えば加入出来るモノが多い

負担して貰える金額が1シーズン330万円という保険も存在する

その他に掛金の300倍まで負担してもらえるところもあるようです。

それでも登山者の考えは甘い

Photo by Jupiterimages / Photos.com

登山者の多くは、保険には入っていません。

平成24年度の加入者数は5万人程度しかいない

国内に1000万人いるとされる登山者数からすると少なすぎます。

保険未加入者への厳しい指摘

まあ当たり前だと思うし、山をナメて保険に入らない人は捜索しなくてもいいのではないか、というくらい。。。民間ヘリ「1分1万円」 雪山遭難の捜索費用「長期化なら青天井」 山岳保険も加入進まず sankei.jp.msn.com/affairs/news/1…

山には常に危険が伴うとういう認識が必要ですね。。。万一のとき、残された家族も大変です。 民間ヘリ「1分1万円」 雪山遭難の捜索費用「長期化なら青天井」 山岳保険も加入進まず - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/affairs/news/1…

以外に捜索費用のこと知られてないけど、まさかの時にエライことなるよ。/ 民間ヘリ「1分1万円」 雪山遭難の捜索費用「長期化なら青天井」 山岳保険も加入進まず - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/affairs/news/1… #SmartNews

遊ぶならそれ相応の保険にも入ろう。もっとも物見遊山で冬山はお勧めしない。冬の海(海上)へ出かけるのと一緒だと認識しよう。   冬山遭難 民間ヘリ「1分1万円」 捜索費「長期化なら青天井」 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

こういうのはもっと周知したほうがいいと思うゾ。でも大体、自分は大丈夫って意識なんだよね。 →民間ヘリ「1分1万円」 雪山遭難の捜索費用「長期化なら青天井」 山岳保険も加入進まず - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/affairs/news/1…

関連リンク

1





2bantoさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう