1. まとめトップ

初心者も怖くない!SUBWAY(サブウェイ)のオーダー方法まとめ

サンドイッチもオーダーメイドで楽しくなる!初心者から上級者までの「SUBWAY」の注文方法のまとめ

更新日: 2014年07月24日

hrdynさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 326310 view
お気に入り追加

0.まずは入店

アテンダントが元気よく声をかけてくれます。
店内で食べる場合は先に席をとっておいてもいいでしょう。

レジの反対側から注文をはじめよう

サブウェイではひとつひとつの注文を終えてから会計をします。レジとは逆の方向から進んで行きましょう。
素直に「初めてなんですけど…」と伝えると、アテンダントが丁寧に案内してくれます。

1.メニューを選ぶ

たくさんありますね。

まず基本となるサンドイッチを豊富なメニューの中から選びます。
定番のサンドイッチの他に、期間限定のサンドイッチや、7種類のサンドイッチとドリンクまたはポテトをセットにして500円というお得なセット(サブセット)もあります。
迷ったら、おすすめを聞いてみましょう。アテンダントが店舗おすすめのサンドイッチを教えてくれます。
※メニューや料金は時々変更されるのでお店や公式サイトで確認してください。

2.パンの生地を選ぶ

ハニーオーツ/ウィート/セサミ/ホワイト/フラットブレット(new)
パンの生地を5つの中から選べます。
パンの硬さはフラットブレット以外の4つはどの生地もかわらないです。
新しいフラットブレットというパンは、ナンみたいな食感のもちもちしたパンです。

パンの種類に迷ったら、「おすすめで!」と言ってみましょう。
そのサンドイッチに合ったパンで作ってくれます。

ハニーオーツを選ぶ人が多いようですね。

すぐ食べるならトースト、持ち帰るならそのままがオススメ

すぐに食べる場合は、パンをカリッと焼いてもらった方が香ばしくて美味しいです。
持ち帰りの場合は、冷めてパンが硬くなってしまうのでそのままにしてもらいましょう。

3.トッピング

お好みでスライスチーズ(30円)やアボカド(100円)など他にも色々なトッピングができます。
どの具もほとんどのサンドイッチに合います!
初めての人はそのままでもいいでしょう。

4.好きな野菜を入れてもらう

野菜不足でも、これで新鮮な野菜が一度にたくさんとれます。

レタス・トマト・ピクルス・オリーブ・ピーマン・オニオン
6種類の野菜が入っています。
嫌いなものがあれば抜いてもらいましょう。
たくさん食べたいものがあれば増量してもらうこともできます。
抜くのも増やすのも、もちろん無料です。
お腹が空いているときは「全部増量で!」と言ってみるといいでしょう。

5.ドレッシングを選ぶ

最後にお好みのドレッシングで味付けをします。
それぞれのサンドイッチにおすすめの味付けがあるので、初めての人はおすすめのドレッシングにしてもらいましょう。
ホットペッパーやマスタードもあります。

6.サイドメニューとセットで

SUBWAYはサイドメニューも豊富です。
ドリンクやポテト、季節のスープ、チキン、フロートなど。
たくさん頼むと外国のサンドイッチ屋さんに行ったみたいな気分になります。

サブウェイのポテトは低カロリー!

レギュラー/バジル/ピリ辛バーベキュー/チーズ
味付けは4種類!
ポテト用のケチャップも頼めば無料でくれます。

サブウェイのオーブンポテトは焼いているので、一般のフライドポテトに比べカロリーが50%も低いんです!

※一気にまとめて注文をしない

「BLTをハニーオーツでトマト抜きね!それから、ハムをプレーンで野菜ましまし!」などと一気に言うとアテンダントさんも焦ってしまいますし、オーダーミスをしかねません。
ひとつひとつ聞いてくれるので、丁寧に注文しましょう。

※サイドメニューだけがほしいときは、レジ前に並ぼう

ポテトやドリンクだけが欲しい時は、レジの反対から並ぶ必要はありません。

1 2




hrdynさん



公式まとめ