1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

読んだら忘れられないブラックすぎる絵本

ストーリーに含みのある、読んだ後もどんどん怖い想像が膨らんでしまう、大人向けの絵本をまとめました。

更新日: 2013年01月10日

deehurunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4391 お気に入り 810458 view
お気に入り追加

見えない恐怖を描いた

黒髪、黒いワンピース、黒いタイツ、白い靴を履いた13歳の少女エミリーの話。

一言一言の意味をよく考えてみると「納得」と「理解」と同時に、「不安」と「恐怖」が押し寄せる

彼女の前では、あらゆる価値観はその価値を失い、あらゆる秩序は踏みにじられる

主人公が迎える悲劇が重い

マッチ・ガールに恋をしたスティック・ボーイの話などが収録された短篇集。

どれもこれもダークでハッピーエンドとはほど遠い結末を迎えていく

あまりに可哀想な主人公ばかりで決してハッピーな気持ちにはなれないけど、何か心にずしんとくるものがある

イラストの可愛らしさがより不気味に見える

同じ建物の違う部屋に住んでいる、青い目のシシーと茶色目のスースー。やることなすことおそろいなのに、見知らぬ同士のそっくりさんは…。

自分にそっくりな誰かが居て、自分とそっくりの生活をしている。怖いような、気持ち悪いような…でも癖になる

沈黙の中イラストのみで説明されるラスト3ページの怖さといったら!

じわじわと罠にかかるさまが恐ろしい

分かっている、騙されないと思っているフライさんが、ページを捲るたびに段々と引き込まれていく様子が恐ろしい

子ども達へ警戒心を与えるのが目的らしいが、「知らない人の車に乗らない」レベルじゃなかった

過剰な罰に怖くなる

髪をきれいにしない「もじゃもじゃペーター」をはじめとする不品行なキャラクターと、彼らが迎えた結末を描く。

指しゃぶりがやめられなくて指を切られてしまった子など、恐ろしい罰が子供向きではないなあ

恐ろし過ぎて、家に置いておくのも怖くてすぐに返却しました

図書室で借りた本だったそう。

1





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

deehurunさん



  • 話題の動画をまとめよう