1. まとめトップ

グーグルクロームでフラッシュが重くなった時の解決法

Google がつくったブラウザ『Google Chrome』でYOUTUBEやニコニコ動画の音が途切れたり、FLASHゲームが重いなと感じたらこの方法を試してみてください。たいていの場合Flash Playerが原因です。

更新日: 2013年02月09日

CROIX_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
77 お気に入り 282517 view
お気に入り追加

プラグインは、ブラウザが Flash、Windows Media ファイルなどの特定の種類のウェブ コンテンツを処理するのをサポートするものです。

◆まずはFlash Playerの確認

chrome://plugins/ からで現在使っているフラッシュが何かわかります。

chrome://plugins/ に来たら、まず詳細をクリックしてください。
使っているFlash Playerの細かな情報が表示されます。

◆音切れの原因:PPAPI

詳細を開くと、Adobe Flash Playerの項目にPPAPIというタイプがはいっているはずです。
フラッシュが重い原因は、このPPAPIだけでフラッシュを再生しているか、
PPAPIとNPAPIの両方を使っているかのどちらかです。

画像の通り、PPAPIを無効にして、NPAPIを有効にすれば音切れやもっさりとした挙動がなくなり、
さくさく動くようになります。

タイプ:PPAPI(プロセス外)というのが、
Google Chromeに付属されているShockwave Flash

タイプ:NPAPIというのが、Adobi ShockwaveのWebサイトから何かのタイミングで自分でインストールしたものです。

◆NPAPIが入っていない場合はインストールしましょう

NPAPIがないままにPPAPIを無効にすると、フラッシュを再生することが出来なくなるので
無効にする前にアドビからインストールしましょう。

◆アップデートに注意

ちなみにChrome自動アップデート後は再度この作業が必要です。(勝手にビルトインのFlashを有効にするため)
Beta版 Dev版はアップデートが頻繁に行われるので結構面倒かも

PPAPI版を無効にする場合ならChromeの起動オプションに --disable-bundled-ppapi-flash を付けると良いかも

1





CROIX_さん

パンよりごはんが好き。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう