1. まとめトップ
  2. おもしろ

すごく感じ悪いパリ!印象を良くする試みが始まる

パリに行ってショックを受ける日本人が多いそうです。当局も市民のマナーの悪さを認識しており、印象を良くする試みを始めています。

更新日: 2013年01月13日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
313 お気に入り 371849 view
お気に入り追加

「パリ症候群」にかかる日本人

パリを訪れる日本人観光客が「パリ症候群」になり、治療を受ける必要性が出るケースがある

発症者の多くは、裕福な家庭に育った20-30代の日本人女性

2011年には把握してるだけでも20人の発病者が確認されていて、内6件は早急に帰国したとか

「パリにやってきてほどなくののちに生気を失った顔で帰国する日本人女性」はパリにおける一種の名物

とにかく感じ悪い

パリ市民はお互いに対する態度も悪く、ウエーターは客をごみのように扱うと言われている

そもそも誤解がある

この街は趣があり、街の隅々まで豊かさあふれる、親しみやすい都市だと多くの人々が誤解している

美化したイメージが刷り込まれている

汚れた街並み、治安の悪さ、サービスの悪さや現地の人の不親切さに理想と現実のギャップにショックを受けたりします

一か月の調査では

印象を良くする試みが始まる

マナー改善を喚起するためにフランス国鉄(SNCF)が巨大なたばこの吸殻のオブジェを設置

アート?たばこの吸殻のオブジェを設置

動物を描いたユーモラスなポスターが(公共交通機関)に登場

マナー違反を犯す人物を動物にたとえ、注意喚起している

パリ交通公団は乗客らに対し「通勤中にはお互い笑顔を交わす」ことを呼びかけるキャンペーンを開始した

1





このまとめへのコメント1

  • sanpoikunokaさん|2013.01.17

    エールフランス、シャルル・ド・ゴール空港、街中のカフェ、ホテル、どれもこれも態度あかんわ~

1

junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう