1. まとめトップ

Windows8で使える無料セキュリティソフト

2013年1月現在、Windows8で使える無料セキュリティソフトを紹介します。理屈ではなく、実際に自分のパソコンにインストールしたものを紹介します。

更新日: 2013年01月13日

aloleさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
45 お気に入り 63475 view
お気に入り追加

2013年1月現在、
Windows8で使えるセキュリティソフトは何があって、何が良いのでしょうか?

私の体験(Windows8のパソコンを買って、セキュリティソフトを選び、使っている)をもとに、お話しします。

まずはファイアウォール用ソフトを入れましょう

セキュリティソフトとして、最低限必要なのは「ファイアウォール」と「アンチウィルス」だと思っています。
ファイアウォールは、外からの攻撃を防ぐための「城壁」で、
アンチウィルスは、中にヘンなものが入ってないかパトロールする「警察」です。

というわけで、まずは城壁、ファイアウォールから入れましょう。
(もちろん、アンチウィルスから先に入れてもいいですが)

世の中には、いろいろなファイアウォールソフトがあります。

結論、『 COMODO Internet Security 』、にしました。

いろいろ調べたり試したりした結果、私は COMODO Internet Security を使っています。

このソフトの特徴を挙げると、
・(+)無料
・(+)Windows8にインストールできる
・(+)どこの馬の骨か分からないわけではない、実績のあるソフト(現在はバージョン6)
・(+)余計なこと(広告を表示するとか)をしない
・(+)難しい設定を要求してこない
・(-)残念ながら、日本語に対応していない
です。

そう、一点だけ「日本語に対応していない」というマイナスポイントがあるのですが、でも、これにしました。
何故かというと、日本語に対応しているファイアウォールソフトで、使えそうなものが見つからなかったからです。
(この辺りの「落ばなかったソフト」については、後半で説明します)

この COMODO シリーズを使うのは初めてでしたが、半日ほど使ってみた結果、とくに問題を感じないので、このまま使う予定です。

あと、「難しい設定を要求してこない」、と書きましたが、カンタンな英語を読み取る作業は必要です。
たとえば、ブラウザとかを初めて起動したときに、
「Allow? Deny?」
みたいなことを聞いてくるので、
「えーと、Allow=許可する、Deny=許可しない。今は、ブラウザが外部(インターネット)に接続しようとしてるけどOK?って訊いてるんだろうな。じゃあAllowをクリックしよう」
みたいなことを、調べて判断する作業です。

次にアンチウィルス用ソフトを入れましょう

無料アンチウィルスソフトを選ぶのには苦労しませんでした。

日本語に対応していて
Windows8に対応している
昔から定番と言われているソフト

が、ちゃんとあるからです。
というわけで、私が選んだのは、「 avast! Free Antivirus 」です。

アンチウィルスソフトについては、あまり説明することはありません(笑)

おまけにアンチスパイウェア用ソフトも入れましょうか?

スパイウェアと呼ばれる、「盗み聞き」をする行儀の悪いやつらを取り締まってくれるものです。
私は「なんとなく安心だから」という理由で入れてます。

私が入れたのは「 Spybot Search and Destroy 」というソフトです。
バージョン2ではなく、バージョン1.6.2の方を入れています。
(1.6.2は日本語に対応しています)

このソフト、対応OSにWindows8とは書いてないのですが、インストールできましたし、動きました。
たぶん大丈夫だろうと思い、使ってます。

選ばれなかった無料ファイアウォールソフトたち

それでは最後に、落選したファイアウォールソフトを、
「なぜ選ばなかったのか」
という理由と一緒に説明します。



『 Windows8のファイアウォール機能 』

そもそもWindows8には、最初からファイアウォール機能があります。
だから、別にファイアウォールソフトを入れなくてもいいんじゃないかな?、と思って調べたのですが、

「Windows8のファイアウォール機能は、ホントに最低限というレベルで、安心できない」

・・・ということらしいので、今回は落選です。



『 KINGSOFT Internet Security 』

というわけで、最初にインストールしようと思ったのがコレでした。
数少ない、日本語対応しているファイアウォールソフトだからです。
あと、ちょっと前に、実際に使ったこともありました。

落選した最大の理由は、
・どうやらWindows8に対応してないらしい
です。

だけど、これだけなら「じゃあWindows8に対応するのを待とうかな」と思うところなのですが、さらに調べたところによると、
・ファイアウォールソフトとしては、かなり性能が悪いらしい
・KINGSOFTという会社そのものの評判が悪い
という情報が。

さらに、過去に使った経験で、「KINGSOFTの無料ソフトは、広告がすごくうるさい」という印象があったので、今回は落選しました。



『 PC Tools Firewall Plus 』

次にインストールしようと思ったのがコレです。
なんといっても日本語に対応しているのが安心です。

しかし、対応OSにはWindows7までしか書いてありません。

「でもまあ、書いてないだけで、インストールすれば使えるんじゃないかな?」

と思ったのですが、いざ実際にインストールしようとすると
「このソフトはWindows8では動きませんけど、それでもインストールしますか?」
と言われてしまったので断念。

しかもこのソフトは開発終了しているらしく、待っていればWindows8にも対応してくれる、という感じではなさそうだったので、落選となりました。



『 ZoneAlarm 』

コレは、実際にインストール完了して、何日か使ってみました。
最新版(Ver11.0.000.038)です。

まずマイナスポイントとして、日本語には対応していませんでした。
(昔のバージョンは日本語に対応しているんですが、最新版はダメみたいです)
でもそれ以外には、特に不満はなく・・・と思っていたら、困ったことが。

パソコンをつけっぱなしで机から離れて、しばらく(数時間)たって戻ってくると、

「インターネットにつながらない!」

となってしまうのです。
どうやら Automatically Lock (自動ロック)という機能があって、しばらく放置していると、勝手にネットワークを一切遮断するという安全装置が働くらしいです。
それは良いんですが、困ったことに、この Automatically Lock が働くと、解除できません(笑)

ヘルプやマニュアルも含めていろいろ調べた結果、
「ロックを解除する方法があるらしい」
「 Automatically Lock 機能を使う/使わない、を選べるらしい」
というのは分かったのですが、その方法がどうしても見つかりませんでした。
(設定画面に Automatically Lock という項目がある、と書いてあるのに、そういう項目がどこにもない、みたいな)

結局、Automatically Lock が掛るたびにパソコンを再起動することになってしまい、それはとても面倒だし不便なので、アンインストールしました。



『 Online Armor Free 』

ZoneAlarm をアンインストールした後にインストールしてみたのがコレです。

でも、すみません、コレは一時間も使わないうちに「使いにくい!」と思ってアンインストールしてしまったのですが、具体的にどういう理由だったかを忘れてしまいました。
とにかく、私的には落選でした。



・・・という紆余曲折があって、私は COMODO Internet Security を入れました。
ご覧のとおり、積極的に COMODO を選んだのではなく、消去法で残ったのがコレだったという流れです。
もし今後、COMODOに問題があれば、また別の無料ファイアウォールソフトを探さなくてはなりません。
どうか、そうなる前に、Windows8の標準ファイアウォール機能が強化されて、ファイアウォールソフトを入れなくても安心してインターネットが出来るようになることを願いつつ、今回のまとめ記事を終わります。

ありがとうございました(^^ノシ

1


おすすめまとめ



aloleさん

このまとめに参加する



公式まとめ