1. まとめトップ
  2. 雑学

外見を磨くことで能力以上の結果を引き出せる

ファッションだたり、清潔感であったり、話し方や表情など、ビジネスシーンにおいては大事なカギとなります。心理学でも外見の重要性は、仕事ができそう、できなさそうの判断にもなるとても重要な項目のようです。外見を磨くことでどういったメリットがあるか見てみましょう。

更新日: 2013年01月16日

matutake1さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2349 お気に入り 216806 view
お気に入り追加

目には見えない内面部分を、服装や表情、動作、話し方などにより「目に見える形」にすることで、この力の事を『外見力』と呼んでいます。

外見磨きの重要性が高まっている

服装は自分の弱点をカバーするだけでなく、長所を浮き立たせる

仕事で成功する為には、1度くらいはコーディネイトの勉強をしたほうがよいという考え方もあります。

仕事で成功するには、世界に通用する外見力を身に付けるという考えが世界的にも普及している

アメリカでは、大統領に専属チームが付き、優秀な医者、弁護士、イメージコンサルタントを雇うのが成功の鍵だといわれています。

プレゼンへの影響を心理学者や著名人も認める

相手に与える影響は外見、表情など見た目の印象が『約5割』

メラビアンの法則と呼ばれ、相手の印象は『言語情報7%視覚情報55%、聴覚情報38%』の割合で決まるとされています。

日産自動車のカルロス・ゴーン氏も、「聞き手が覚えているのはスピーチしている人の態度や迫力だけだ」と語る

「スピーチは3日も経てば、話の90%は忘れてしまう。」とソニーの企業大学で発言していました。

見抜く能力に長けた秘書はこう分析する

履いている靴が汚いと「信用出来ない」と判断される可能性がある

「乱れた生活をしていると身なりが荒れる。靴が汚れている場合、かなりの確率で精神的にも追い込まれた状態にある」と分析することもあります。

不相応すぎるスーツを着ていると不信感を抱く

ヨレヨレのスーツなどの他に、あまりに不相応な高級スーツだとちょっと不安になるという答えもありました。

相手に取り入ろうとするヘラヘラした笑い方の人は優先度を下げる

社長への報告の際にも、そういった態度などが、優先度をさげるきっかけになる場合もあるようです。

見た目はこうやって変化させる

基本は上着の肩部分がしっかりと合っていること!それだけで印象度がUP

ビジネススーツを着こなすポイントは、シンプリシティだそうです。肩が決まると全体が決まり、それだけで印象がアップするそうです。

相手にこういう印象を与えたい、それは自分にあっているか?という事を意識する

どんな外見になりたいか?その外見になることは可能か?を意識して服装のイメージを固めていくといいようです。

業界によっては、相手が求めている外見に合わせる

営業に例えると、「どんな外見の営業マンがお客さんから求められているか」をイメージして、高級感のあるスーツか?親しみのあるスーツか?などを考えます。

態度、表情も工夫する

仕事をしているときの顔つきは明るく、楽しくを心がける

仕事を楽しそうにしている人=仕事が少な人が多く、周りにも楽しい気持ちを与えることが出来る人は、人からも信用されます。

笑顔を作る時には口角をあげることが大事

相手に良い印象を与えるには、口角をあげることが大切です。

参考サイト

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

matutake1さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう