1. まとめトップ
  2. カラダ

意外と知らない「腹斜筋」のくびれ効果!ダイエット・冷え性にも♪

女性らしいくびれを作るためには「腹斜筋」を鍛えなければなりません。単に腹筋をするだけではくびれは生まれないんですよ。しかも、ダイエットや女性特有の悩み・冷え性やむくみにも効果があるんです!簡単にできるケアを厳選して3つ紹介しますので、是非やってみてください!

更新日: 2013年01月15日

ishima_ruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13552 お気に入り 1116258 view
お気に入り追加

▼「腹斜筋」ってどこ?くびれができるって本当?

Photo by amanaimagesRF / amana images

脇腹、肋骨の下の辺りに斜めにある筋肉。

お腹の中央の割れた筋肉は腹直筋と呼ばれるもので、「腹斜筋」とは異なります。

100回腹筋しても、「くびれ」はできない。

何度も言いますが、くびれは腹直筋ではありません。ウエストのくびれには「腹斜筋」を鍛える正しい腹筋のやり方が必要です。

腹部の両サイドをカバーするのが、腹斜筋。ここが弱いと脇腹がたるんで、くびれもなくなってしまう。

脇腹に脂肪が付いてしまいお腹のたるみの原因となる。

ウエストが変わらなくても、肋骨の骨が見えると細く見える。

肋骨の骨を見せるためには、腹斜筋のエクササイズが有効。

日本テレビアナウンサーの葉山エレーヌさんも実践!効果抜群!

「人生が変わる1分間の深イイ話(日本テレビ)」の「1か月でどれだけ痩せられるか!?ダイエットSP」で実践。1ヶ月でウエストが-12センチ減。

▼朗報!なんと、ダイエットや女性特有の「冷え性」にも効果的!

Photo by Digital Vision. / Digital Vision

「すごーい」

お腹を引っ込める効果がある筋肉は腹斜筋。

お腹を上へ引っ張り上げる役割を持ち、お腹を引き締めるコルセットのような役割を果たす。

筋肉量が多い人はカロリー消費が高い。

腹斜筋を鍛えることで筋肉量が増します。同じだけの距離を歩くにしても、筋肉量が多い人は、少ない人よりも、カロリーの消費が高くなります。つまり、筋肉がある人は何もしないでもどんどん痩せ、ない人は少し食べただけで太ってしまうということです。

周辺の血液の流れに影響が強い筋肉。

女性特有の冷え性やむくみにも関係しています。基礎代謝を高める効果があり、ダイエットにも効果的。リバウンドしない体へと生まれ変わらせます。

▼「腹斜筋」の簡単な鍛え方3選!

Photo by amanaimagesRF / amana images

【一番簡単な方法】

座っている時や立っている時に、姿勢をまっすぐに保ち、お腹を意識して引っ込める。これなら、通勤中、勤務中でも簡単にできます。

【ツイスティングクランチ】

(1) 両ひざを立てて仰向けになり、両手を頭の後ろに置く。
(2) 上体を起こしながらねじり、ひじとひざを近づけ、ゆっくりと戻す。これを左右交互に行う。
※10回を1セットとして2~3セット行う。

【ツイスト】

(1) 仰向けになって両手を広げ、両足をそろえて床と直角になるように上げる。
(2) 腹筋を意識しながら、ゆっくりと左右交互に両足を倒していく。
※10回を1セットとして2~3セット行う。

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ishima_ruさん

美容・ダイエット・健康等、女性向けコンテンツを中心にまとめます。IT・音楽・雑学ネタもちょこちょこ。皆さんに興味を持ってもらえるように、丁寧にまとめますのでよろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう