1. まとめトップ

子どもに言ってはいけない12の言葉

「グールディング夫妻の禁止令」をまとめた。自分の子どもでも、そうじゃなくても使ってはいけない言葉があるから、気をつけよう。

更新日: 2013年02月06日

ぐのっちさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2639 お気に入り 972757 view
お気に入り追加

子どもに言ってはいけない言葉ってあるの?

Photo by Fumio Nabata/a.collectionRF / amana images

「昔、こんなことを言われた」

子どもは親の何気ない一言をしっかりと覚えていたりするもの。私たちの言葉は、想像する以上に重みを持つときもあるのです。

子どものココロを傷付けることにつながっていく、言ってはいけない言葉をご紹介します。

「言ってはいけない言葉」を研究したグールディング夫妻

Photo by Michael Blann / Digital Vision

子どもに対して親から送られるメッセージの中には、子どもの心を徐々に蝕み、不登校や非行などの要因となる言葉があります。

http://goo.gl/mD8Am

グールディング夫妻によると…

子供は親の禁止令を受けて、それに従うかのように人生についての決心を下し、その決心に従った人生を歩んでいる。※写真は、メリー・M・グールディング

グールディング夫妻によって交流分析の禁止令を臨床的に研究され、まとめられました。

以下、グールディング夫妻の禁止令(<>内の言葉)をご紹介します。

言ってはいけない12の言葉

Photo by Kraig Scarbinsky / Digital Vision

<男(女)であるな>
性別を否定する言葉。子どもは親の言うことを素直に受け入れようとします。ですから、親から不可能な言葉を言われると、戸惑うと同時に親の期待に応えられない悲しみを味わいます。

Photo by David De Lossy / Photodisc

<楽しむな>
楽しむことを否定する言葉。子どもは遊びから多くの物事を経験し、学びます。すでに経験を積んでいる大人の遊びとは成長に与える影響が違うのです。大人の価値観を子どもに押し付けないようにしましょう。

Photo by Ryan McVay / Lifesize

<成長するな>
かわいい子どもを守ってやりたい気持ちは、親であれば誰でも持っています。しかし、過保護にすぎれば、子どもの成長を阻害します。子どもの年令に合った成長を促してやるのが親の役割です。

Photo by Christopher Robbins / Photodisc

<成功するな>
挫折や失敗は、人にとって多くの学びを与えてくれるきっかけになります。子どもは、完璧主義の親によって失敗を批判されると、その印象が強く残り、挑戦することに臆病になります。

Photo by Jupiterimages / Creatas

<実行するな>
恐怖心の強い親が言う言葉。自分が恐怖を感じるから、子どもができそうなことでもやらせない。子供時代に色々な経験をさせてもらえなかった子どもは、大人になってから自分で決断を下せなくなる。

Photo by Jupiterimages / Pixland

<重要な人物になるな>
子どもであることを否定する言葉。子どもと大人に境界線を作り、大人の主張を通そうとしたり、個人ではなく「子ども」というカテゴリで考えるようになる。子どもは抑圧されて、目立たないように行動するようになる。

Photo by Pixland / Pixland

<仲間入りするな>
よその子と比較する言葉。子どもは、誰とでも別け隔てなく遊べる子供時代を通して、気の合う子、合わない子を学んでいきます。親から強制的に言われても経験が伴っていないので、理解ができません。理解できないのですから、友達と遊ぶと叱られることが印象に残り、非社交的な子どもになってしまう可能性があります。

Photo by SHASHIN KOUBOU/a.collectionRF / amana images

<子どもであるな>
主に年上の子どもに「弟や妹の面倒をみろ」「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と言う、子どもであることを否定する言葉。また子どもの躾に厳しい親、礼儀というものを理解してない子どもに、大人の常識を当てはめようとする親。このような言葉を言われると童心を持つことを許されないと考え、考え方が萎縮する。

Photo by Jupiterimages / Comstock

<健康であるな>
子どもが病気のときに、可哀想だからとたっぷり愛情を与え、逆に健康なときにはそれほどの愛情をかけない。子どもは親からの愛情ほしさに病気になったふりをするようになる。

Photo by Darrin Klimek / Digital Vision

<考えるな>
子どもの自由な発想を否定する言葉。大人の定規に当てはめる言い方です。おもちゃを壊す。友達とケンカする。走って転ぶ。子どもにとっては、すべて大事な経験です。経験から考え、成長していきます。考えることを許されなかった子どもは、大人になっても自分で考えることができません。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

<感じるな>
子どもは親の保護なしには生きてはいけません。ですから子どもにとって親に嫌われることは恐怖なのです。泣くことによって、親に嫌われると思った子どもは、泣くことを我慢します。そして徐々に感情を表に出さないようになります。

Photo by David De Lossy / Photodisc

<生存するな>
存在を否定する言葉。このメッセージの中でも最も致命的です。「お前さえいなければ、私の人生はもっと素晴らしいものになる」と親から言われた子どもはどうすれば良いのでしょうか。この言葉は決して口にしてはいけません。

言ってはいけない言葉と問題行動の関係

図は問題行動をとるグループととらないグループにおいて、親から禁止令メッセージを受けた割合を示す

問題行動をとる子どもたちがとらない子どもたちに比べ、「禁止令」のメッセージを多く受けていたことがわかります。(数字は%)※保健学 大津一義博士の実験結果

まだまだ世界が狭い子どもにとっては親がすべて。子どもは親の背を見ながら、親の言葉をしっかりと聞いてその言葉に従順な子どもに育とうとします。

子どもたちの未来のために、子どもを傷つける言葉は避けるように心がけてみましょう。

子どもに言ってはいけない言葉のリンク

1 2 3





このまとめへのコメント2

  • riorio92さん|2013.01.23

    うぬ、、、

  • ゆうこりすさん|2013.01.22

    ここにあがっているやつ、全部いわれた(´・ω・`)

1

キュレーターは言葉のDJ

Twitter:@gnoovcom

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう