1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

日本人スペース有効活用しすぎW極細「スキマ」住宅10選

街のほんのちょっとした「スキマ」に建てられた住宅を10棟まとめました。日本人ならではの繊細な工夫が見られる住宅が多く、狭い敷地でも快適に過ごせるヒントが満載です。

更新日: 2013年07月23日

sh19eさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
335 お気に入り 70776 view
お気に入り追加

場所:東京都
竣工:2011
面積;66.03m2
設計:西澤立衛建築設計事務所

ビルとビルの間に挟まれた、谷間に建てられた4階建の住宅。

こんなスキマにも土地を見出して住宅を建ててしまうのが日本クオリティ。

家の中には緑がいっぱいで、植物に囲まれた生活を満喫できます。

硬質なコンクリートとガラスの透明感のあるインテリア。

スペースを有効活用するために、階段は螺旋階段をチョイス。

しなるような階段も、インテリアの一部になっています。

場所:兵庫県
竣工:2012
面積;63.33m2
設計:藤原・室建築設計事務所

昔ながらの住宅街の隙間に建てられた住宅。

木の質感を大事にしたファサードが、風景にとていい印象を与えています。


この立地条件では壁には大きな窓を開けられないので、天窓から採光しています。

窓がなくても室内は明るくて過ごしやすそうです。

こちらは、廊下のそばに設けた吹き抜け空間。

洗濯物を干したり、ステキな棚を飾ったりと、アイディア次第でいろいろな使い方ができそうです。

場所:東京都杉並区
竣工:2011
面積;55.24m2
設計:水石浩太建築設計室

猫の額ほどしかない、道路のスキマを利用してたてられた住宅。

細長い敷地に沿った、スリムな住宅になっています。

なかはロフトになっていて、外からは想像できないほど広々とした空間になっています。

ロフトの取り入れ方がとてもうまい例だと思います。

場所:東京都文京区
竣工:2012
面積;50.70m2
設計:ondesign

とても狭い敷地に建てられた住宅。

ただでさえ細長い住宅は2つにスライスされて、間にテラスが設けられています。

こちらは断面模型です。

前後に伸びた階段や、隠し通路のように掛けられたハシゴなど、見ているだけでワクワクするような構成になっています。

細長い敷地でも快適に過ごせるように立体的な工夫がされています。

階段も狭いですが、窓が多いため、部屋の中は比較的明るくなっています。

こうしてみると随分と遊び心の溢れる建築物ですね。

場所:東京都
竣工:2010
面積;75.30m2
設計:Mount Fuji Architects Studio

狭いなかでもタップリと収納スペースを取るために、両サイドの壁をすべて棚にしてしまうという大胆な提案。

これなら、ものの置き場に困ることなはないですね。

奥には広々としたスペースも設けてあります。

壁一面にいっぱいの窓を開けることで、狭さを感じさせない空間になっています。

場所:
竣工:2009
面積;76.56m2
設計:suppose design office

両サイドに建物が迫ってくる敷地に建てられた住宅。

外見には窓がありませんが、中はとっても明るい、白いモダンな空間に仕上がっています。

植物を植えたり、砂利を敷いたりして、インテリアのなかに上手く外部空間を取り込んでいます。

水回りもコンパクトに纏めて、狭い敷地でものびのびとできる空間を確保しています。

場所:大阪府
竣工:2009
面積;108.35m2
設計:藤原・室建築設計事務所

正面の大きな窓が印象的な縦に細長い住宅です。

インテリアは家具を黒でまとめているので、白い壁や床とのコントラストが美しいです。

こちらは、モダンなデザインの階段。

半階ずつ上がっていく白い階段のリズムが心地いいです。

場所:東京都新宿区
竣工:2010
面積;54.62m2
設計:アトリエ・ワン

家の間にちょこんと建てられた住宅です。

三角形の屋根がカワイイ「イエ型」の外観になっています。

中は木のぬくもりが感じられる作りになっていて、小さいワークスペースを設けるなど、空間を有効活用しています。

1 2




世の見通しがよくなるまとめを目指します。
見通すような目ないんですけど。

Twitterは備忘録
@nnem0

このまとめに参加する



公式まとめ