1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ラブラブでも別々に寝る方が健康に良いかも

いつか誰かと一緒に住むことになっても、寝室は別にしようと思ってますが、世の中的には一緒に寝ている人のほうが多いようで驚きました。どっちがいいんでしょう?調べてみます。

更新日: 2013年01月24日

ehka19さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
556 お気に入り 334940 view
お気に入り追加

夫婦は一緒に寝ていることが多い

Photo by Stockbyte / Stockbyte

寝室は「一緒」…80.5%、「別」…19.5%

マイナビニュースの既婚女性会員200名へのアンケート結果。

100組に聞いて「別々に寝ている」は35組

情報番組「スッキリタイムズ」でのアンケート結果。

別室で就寝…30代:14%、40代:24.6%、50代:32.3%

東京ガス都市生活研究所が、既婚男女1432名に対して行った調査結果。

実は睡眠不足になっているかも

Photo by Ulrik Tofte / Lifesize

一緒に寝た翌日、男性は「良く眠れた」と感じたのに、実際は深い睡眠が妨害され、知力テストの成績は悪化、ストレスホルモンは上昇

オーストリアのウィーン大学で行われた調査。

一緒に寝たら「半数の人は不眠に陥った」との調査結果も

イギリスの社会学者による調査。

女性は、「他の誰かと同じベッドに寝ると、夜中に目を覚ます頻度が高くなる」という結果も報告されていた

睡眠不足はいろいろな危険を招く

Photo by Chad Baker / Photodisc

心臓病や脳卒中、肺疾患のリスクを高め、交通事故や仕事上の過失を起こす可能性が高まる

高血圧、糖尿病、ガン、肥満、メタボリックシンドロームなど、多くの病的状態との関連も示唆されている

「うちは別にしてる」の声

Photo by Jupiterimages / Comstock

お互いがより熟睡できるようにするため、別で寝ている

でも、反対の結果もある

Photo by Polka Dot Images / Polka Dot

女性は、「1人のほうが良く眠ることができた」と感じても、実際はパートナーと一緒に寝たときのほうがより深く眠っていた

良好な関係にあるパートナーと一緒に寝ることは、ストレスホルモンのレベルを下げ、愛情ホルモンを活性化させる

イビキや歯ぎしりを聞かされるほうは迷惑だが、それらが大事なパートナーの病気を見つけるきっかけにもなる

ひどい歯ぎしりはストレスや胃食道逆流症の疑いがありますし、突然のいびきの増加は脳卒中や脳塞栓の可能性があります。

Photo by Digital Vision. / Photodisc

夫婦の関係性がけっこう重要のようですね。
一緒に寝るのが当たり前と思わず、よく眠れてないようなら、一度別々に寝てみるのもいいのでは。

参考リンク

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ehka19さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう