1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

地球の裏側で生まれた素敵なダンスミュージック、フォホー

地球の裏側、音楽大国ブラジルで大人気の音楽ジャンル「フォホー」を知っていますか?虜になる人続出の、アコーディオン主体の素敵なダンスミュージックを紹介します!

更新日: 2016年06月08日

429 お気に入り 48406 view
お気に入り追加

人気を拡大するブラジルの大衆音楽"フォホー"とは

フォホー:
ブラジル北東部発祥のダンス音楽。

ブラジル北東部で生まれブラジル全土で親しまれている音楽

ブラジル北東部(ノルデスチ)は素敵な音楽の宝庫です。サンバやボサノヴァなど、洗練された都会の音楽とは違う、素朴なダンスミュージックです。

人気ダンス音楽

男女でペアになって踊る、ダンスミュージックでもあります。

アコーディオン、低音太鼓、トライアングルのトリオ編成、またはこれにギター、ドラム、ベース などを加えた編成で演奏される

トライアングルってのが意外でしょ?でもこれがカワイイんです!

代表的な楽器編成:
トリアングロ(トライアングル)、
サンフォーナ(アコーディオン)、
ザブンバ(低音太鼓)

もともとフォホーというのは「ドンちゃん騒ぎする」という意味の言葉が語源

フォホボドー(Forrobodó)という、土着の気楽なダンスミュージックが由来のようです。

最近では、ドラムス・ベース・シンセサイザーなどロック系の楽器と組み合わせて、数万人規模の巨大スタジアムで演奏するフォホー・バンドもあって、若者たちにはこちらが大人気

ブラジルの若者には同様に田舎の音楽といわれる「セルタネージョ」と並び、フォホーは大人気。

ブラジル音楽の中でも最もそそられる音楽

サンバ、ボサノヴァにショーロ…数多いブラジル音楽の中でも、日本では特にマイナーですが、ハマルと病み付きになる音楽。

都内でも頻繁にフォホー・パーティーが開催されるようになって来ました

徐々に日本国内でも盛り上がってきている音楽です。

古き良き、伝統的フォホー

仙人のような風貌がイカす、サンフォーナ(アコーディオン)の達人・シヴーカ。まさにどんちゃん騒ぎなサウンドが素敵。
共演している美人揃いの女性フォホーバンド"Clã Brasil"もなかなかです。

こちらも伝説的サンフォーナ奏者、ドミンギーニョス。

若者に大人気!新世代フォホーバンド

ファラマンサ。若者にフォホーで踊ることの楽しさを伝えたバンド。彼らの音楽がブームになると、ティーンエイジャーたちは週末にフォホーパーティーに出かけるように。

アイドル歌手、グスタヴォ・リマにカヴァーされ大ヒットした曲。このバンド(エスタカゼロ)は特にアコーディオンのフレーズが絶品!

ニューヨークで活動するバンド、フォホー・イン・ザ・ダーク。メンバーでパーカッショニストのマウロ・レフォスコはRadioheadのトム・ヨークの新バンド"Atoms For Peace"の活動でも知られる。楽曲は前述のルイス・ゴンザーガの名曲Asa Branca(白い翼)。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう