1. まとめトップ

【毎日更新】2013年~、警察が起こした不祥事まとめ

2013年からの警察及び、警察官の不祥事をおっていきます。

更新日: 2015年01月07日

lariat1999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
134 お気に入り 884856 view
お気に入り追加

2013年~の警察及び警察官不祥事を追い、まとめていきます。

2013年~の警察不祥事を時系列でおっていきます。個人的な備忘録も兼ねており多数の閲覧を目的としていません。ページが膨大化するのを防ぐために詳細記事については別ページを作成する場合が多いです。また2014年からは、不祥事の内容についてのまとめを頭につけます。

2014年警察不祥事まとめ

※今年は警察署内での自殺が6件、盗撮・痴漢、飲酒運転も増えてきています。警察が泥棒、痴漢捜査の人が痴漢、飲酒運転の取り締まりやってる人が飲酒運転、などのケースが増えてます。
殺人(1件)
暴力・傷害(4件)
恐喝(未遂)(1件)(※2013年の発覚)
公文書毀棄(2件)
不法侵入(2件)
個人情報の不正閲覧(3件)(※2013年の発覚が1件)
盗撮(8件)
迷惑防止条例(つけまわし)(2件)
青少年保護育成条例違反(4件)
ストーカー(3件)
痴漢(4件)(※うち2013年の発覚が1)
建造物侵入(1件)
公然わいせつ(2件)
強制わいせつ(1件)
警察内での悪質ないじめ・パワハラ(4件)(※2013年の発覚が2件)
セクハラ(3件)
部下に銃口をむける・銃刀法違反(2件)
窃盗・万引き(9件)
酒気帯び運転・ひき逃げ・あて逃げ・スピード違反(13件)
器物破損(2件)
覚せい剤取締法違反・脱法ハーブの吸引(3件) ※うち1件は検挙率をあげるためのでっちあげ
詐欺(未遂)(1件)
警察署内での自殺(7件)+署外1件
交通違反のでっちあげ(1件)(※2013年の発覚)
手錠・拳銃等の紛失(3件)
書類紛失(3件)
横領(3件)
地方公務員法違反(1件)
大麻・危険ドラッグ所持(2件)
窃盗(6件)
※その他(3件)

12月22日、京都府警が亀岡署交通課の20歳代の男性巡査、マイカー接触を放置して本部長訓戒

自宅マンションの駐車場で自家用車が隣の車と接触したことを知りながら、所有者に報告しなかったとして、京都府警が亀岡署交通課の20歳代の男性巡査を本部長訓戒としていたことがわかった。

府警監察官室によると、巡査は9月7日朝、車で出勤する際、左隣に駐車していた乗用車の前部をこすり、バンパーを損傷させた。被害に気づいた所有者の女性が同日、110番。府警が巡査から事情を聞いたところ、接触を認めたという。

12月22日、愛知県警西枇杷島署地域課の男性巡査部長、パトカーでトラックを当て逃げ容疑で書類送検

パトカーでトラックを当て逃げしたとして、愛知県警が道交法違反容疑で、西枇杷島署地域課の男性巡査部長(37)を書類送検したことが22日、県警への取材で分かった。

送検容疑は10月23日午前5時45分ごろ、同県豊山町の国道41号交差点で、信号待ちをしていた大型トラックの後部に接触し、そのまま立ち去った疑い。トラックの男性会社員(39)=岐阜県瑞穂市=にけがはなかった。

12月18日、京都府警宇治署巡査部長、証拠品のスマフォを業務に使用し窃盗容疑で逮捕

証拠品として任意提出を受けたスマートフォンを業務に使ったなどとして、京都府警は18日、業務上横領などの疑いで、同府宇治市木幡西浦、宇治署生活安全課の巡査部長の男(31)=窃盗容疑で逮捕、処分保留で釈放=を追送検したと発表した。容疑を認めている。府警は同日、懲戒免職とした。

12月17日、鹿児島県警日置署男性巡査部長、パワハラ行為を繰り返して懲戒免職

鹿児島県警は17日、部下へのパワハラ行為を繰り返したとして、日置署の男性巡査部長(51)を戒告の懲戒処分とした。同署次長だった男性警部(56)も、パワハラ行為により訓戒とした。2人は同日付で依願退職した。

巡査部長は2008〜14年、部下の警察官7人に対し、頭を平手でたたいたり、すれ違いざまに下半身を足蹴りしたりした。警部は13〜14年、部下2人に対し、1日に何度も自席に呼んで叱責を繰り返すなどした。被害を受けた計9人のうち、2人がパワハラなどを理由に辞職したという。

12月17日、兵庫県警の巡査長が仕事を休むため虚偽報告 さらに強盗被害の狂言も行う

兵庫県警は休暇を伸ばすために上司に虚偽の報告をした上、強盗被害を自作自演したとして、12月12日、有印私文書変造・同行使と軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで、県警須磨署地域課の男性巡査長(27)を書類送検し、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。

県警監察官室によると、巡査長は7月29日に、逮捕術の訓練で腰を痛めて、出勤日の8月1日から休暇を取った。その際、上司から診断書の提出を求められたのだが、「椎間板性腰痛症で加療1週間」と記載された診断書を「加療4週間」と書き換えたのだ。その上、同10日、巡査長は上司に「手術しなければならない。14日に診察を受ける」と虚偽の報告をした。

巡査長は神戸市須磨区の宿舎の自室で、自分の右太ももをナイフで刺し、課長に電話して、「強盗に入られ足を刺され、8万円奪われた」と連絡。巡査長は救急搬送され、県警は緊急配備の態勢を敷いて捜査したが、犯行の形跡がなく、その証言にあやふやな点があったため、追及したところ、自作自演であったことを認めた。

12月17日、福岡県警福岡南署巡査長、被留置者の現金1万円を盗んで懲戒処分

福岡県警は18日、同県警福岡南署の巡査長(24)を停職3月の懲戒処分としたと発表した。同県警監察官室の説明によると、この巡査長は今年11月16日、勤務中に、福岡南署の留置管理課事務室内で、被留置者から預かって保管中だった現金1万円を盗んだとしている。

12月15日、長崎県警の巡査が衝突事故起こしながら立ち去り懲戒処分

今年7月に、長崎県警の20代の男性巡査が駐車場で事故を起こし、女性2人にケガを負わせながら立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、9月11日付で長崎区検に書類送検されていたことが分かった。同日、巡査は戒告の懲戒処分を受けたが、県警では公表していなかった。

12月6日、茨城県警日立署地域課の巡査(23)ら警察官4人公文書毀棄(きき)や虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検

茨城県警は5日、捜査書類を自宅に隠したり、うその捜査書類を作ったりしたとして、公文書毀棄(きき)や虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで、日立署地域課の巡査(23)ら警察官4人を書類送検し、巡査を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分に、ほか3人を本部長訓戒とした。巡査ら2人は同日付で依願退職した。

12月1日、富山県警巡査長、スカート下にスマホ容疑で逮捕される

11月27日、大阪府警公安2課巡査部長が拳銃自殺か?

1 2 3 4 5 ... 23 24





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

lariat1999さん

あれこれ連絡はlariatsiga@gmail.comへお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう