1. まとめトップ

MDプレイヤー生産終了!思い出の音楽をパソコンに取り込む方法

ソニーがMD(ミニディスク)の録音再生に対応したステレオ、コンポを3月一杯を目処に生産終了すると発表しました。MDにしか入っていない思い出の曲たちをパソコンに取り込む方法をお教えします。

更新日: 2013年02月02日

niepasさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
118 お気に入り 300535 view
お気に入り追加

ソニーがMDの録音・再生対応機器から完全撤退!

ソニーは31日、ミニディスク(MD)の録音再生に対応したシステムステレオの出荷を3月をメドに終了すると発表した。2011年9月に「MDウォークマン」の出荷を終えており、発売から約20年でソニー製のすべてのMDプレーヤーの出荷が終了することになる。

MDはあってもプレイヤーが無いと聴けない時代に!

記録メディアとしてのMDの販売は「今後数年間は続ける」(同社)としている。MD対応製品の修理など顧客サービスも継続する

MDの中の音楽データをパソコンに取り込む方法。その①

MDデッキのイヤホンジャックと、パソコンの音声入力端子を直接ケーブルで繋ぐ

もっともシンプルで直接的な方法です。

しかし、①コピーの時間がまるまる収録時間分かかる
    ②自動で曲単位の分割がされるわけではないので、後で編集が必要
    ③タイトルももちろんついていないので編集が必要
    ④音質もイマイチ...?

など、あまりオススメの方法ではありません。

そこでこちら。その②

Hi-MDウォークマンを使用する

Hi-MDウォークマンとパソコンを接続し、専用のソフトを使ってパソコンに取り込む方法です。

これなら、①コピーの時間は一枚につき10数分程度
     ②自動で曲単位の分割がされ、さらにタイトルもつく
     ③音質も劣化しない...?

Hi-MDウォークマンとは?

"Hi-MD"とは、ミニディスクを汎用記録メディアに進化させた次世代フォーマットです

汎用メディアとしてパソコンとの親和性がより、向上し、書類や画像ファイルなどのデータも保存できます

音楽以外の画像やテキストなど、パソコン上のデータファイルを記録できる汎用性のある記録メディアとして使用できます

特別な書き込み用のソフトウェアを使うことなく、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、データのコピーが行えます

Hi-MDを使った実際の手順はこちらを参照

しかし、完全撤退ということは当然Hi-MDウォークマンも...

2004年に登場したMDの大容量規格「Hi-MD」のウォークマン本体と、Hi-MDディスクの出荷完了のお知らせがソニーホームページに掲載されました

なんてこった!

ヤフオクでも値段が高騰・プレミア化!

4万円〜5万円強で落札されている模様

そこでレンタルサービスが登場!

需要に応えて、Hi-MDウォークマンをレンタルする企業まで現れる

MDをパソコンに取り込みたいけど、そのためだけに買うには高い...。
しかも、取り込めば他のプレイヤーで再生できるから、ウォークマン自体は要らない...。

そんな要望に応えるレンタルサービスまであります。

これで、安く簡単にMDからパソコンに音楽データを取り込むことができます。
ただしこれはあくまでWindowsの場合。Macの場合は、取り込んだ後にまたデータ形式を変えたりしなくてはいけないのでさらに面倒です...。

1





このまとめへのコメント2

  • niepasさん|2013.08.05

    はじめまして。
    上に書いてある通り、普通のMDを使った方法だと【その①】の手段になります。

  • iszktorさん|2013.08.04

    はじめまして!MDディスクから曲ごとにPCを通してSDへコピーしたいと思っております。(車でききたいもので・・)
    普通の汎用?MDでは上に書かれていた方法はできないでしょうか?Hi-MDというメディアじゃないとだめでしょうか?
    できれば音質をおとさずSDへmp3で曲ごとにスキップできるようにコピーしたいとおもっています。
    お返事お待ちしております。 ろっこ iszktor11@yahoo.co.jp

1

niepasさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう