1. まとめトップ

この時期混乱しちゃう、梅と桜と桃の花の見分け方

春に咲く花って、これって何の花???と悩むことがあるのではないでしょうか。梅と桜と桃の花の見分け方についてまとめてみました。

更新日: 2016年03月25日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
206 お気に入り 626378 view
お気に入り追加

梅と桜と桃の花、間違って判断していることがあります

いろんなサイトやブログで桜の写真を見てたのですが・・・
「あれれ?これ桜じゃないんじゃぁ?」と言う画像が・・・
桜と桃と梅の花って似てますよね。

「桜にしては時期が早いと思うし、梅ぽくないし、桃かなぁ?」と思いましたが自信なし!

3枚の写真の花がそれぞれ何の花かわかりますか?

答え:左が梅、真ん中は河津桜、右は桃。

なんとなくイメージで花を区別している人が多いのではないでしょうか?
ポイントさえ押さえておけば、どれが何の花か見分けることができそうです。

梅・桃・桜を比較した表

とてもわかりやすい表です。

具体的に詳しく見ていきます。

花びらの形で見分ける

花びらの先端が梅=丸、桜=先割れ、桃=尖っていると違いがあるのです。梅・桜・桃それぞれの品種によって、必ずあてはまるわけではありませんが、覚えておくと便利ですよ。

花と葉のつき方で見分ける

まず、桜の花柄は長いので、枝からこぼれるように咲いているものは「桜」で、枝にくっついているものは「梅」か「桃」となります。

桜は花柄が長い。
花柄の長さで、まず桜かそれ以外かを見分けることができます。

次は梅と桃の違いです。

梅は直接枝に花がついています。
そして梅は同じ場所から一つずつの花芽がでます。
梅の葉っぱは花が咲き終わってからでます

桃の花柄は短いです。
同じ場所から、葉っぱが一つとふたつの花が出ています。
花と葉っぱが同時に出ていれば桃です。

幹で見分ける

割れてザラザラした感じ
不揃いでゴツゴツしている

梅の枝は、花がついている「新しい枝」はつるつるしていますが
太い幹は、皮がむけて「ゴツゴツ」してきます。

横縞模様と艶があります

1





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう