1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

太平洋、ソロモン諸島沖でM8.0の地震、日本で津波の可能性も【17:53観測】

ソロモン諸島に属するサンタクルーズ諸島でマグニチュード8.0の地震が発生。90cmの津波も確認されている。日本には午後4時半以降、50cm程度の津波が到達する恐れがある。[5時53分時点で小笠原諸島父島に到達(NHKより)]

更新日: 2013年02月06日

17 お気に入り 27489 view
お気に入り追加

・日本での津波観測情報

6日18時36分現在、検潮所での観測値は次のとおりです
八丈島神湊    第1波  6日18時19分 (+)  微弱
         最大波  6日18時22分      微弱
父島二見     第1波  6日17時29分 (+)  微弱
         最大波  6日18時14分     0.2m

平成25年 2月 6日18時40分 気象庁発表

米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のソロモン諸島沖で6日午後0時12分(日本時間午前10時12分)ごろ、マグニチュード(M)8・0の地震があった。

・地震の詳細は?

マグニチュード(M)6.3の地震が発生、その直後にさらにM8の地震が発生

被害は?

Photo by Jupiterimages / Photos.com

ソロモンのサンタクルーズ諸島ネンドー島ラタでは0時29分に91センチの津波を観測した。

米太平洋津波警報センターは、ソロモン諸島、バヌアツ、ナウル、パプアニューギニア、ツバル、フィジー、キリバスなど周辺諸国に津波警報を出した。

・日本、日本人への影響は?

Photo by amanaimagesRF / amana images

ソロモン諸島では97人の日本人が在留届を出しているということで、日本大使館で情報の収集を続けています。

気象庁は6日、日本の太平洋沿岸の一部で津波注意報の発令基準である0.5メートル程度の津波が到達する可能性があると発表した。

到達予想時刻は最も早い沿岸で6日午後4時半ごろの見込み。

4時半は小笠原諸島、その他は6時ごろ

・津波の報告

震源から北に3300キロ、関東から南東に3000キロ余りの太平洋にあるウェーク島の観測点で、午後3時すぎから津波を観測しているということです。

1




気になるニュースをまとめていきます

twitterでもニュースをつぶやいています
http://goo.gl/HnbIq



公式まとめ