1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

男の品格をアップさせるスーツ着こなし術

スーツの着こなし方ひとつで印象はガラリと変わってしまいます。

更新日: 2013年02月07日

ビッシュさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3064 お気に入り 457177 view
お気に入り追加

スーツ選びは“基本”を守る事

スマートな着こなしをするには基本を忠実に守る事が大切です。

自分の体に完璧にフィットしたものを選ぶ

体にフィットするスーツは、着用時に美しくシェイプされたラインを描く。

肩幅とピッタリあったものを選ぶ

肩幅がフィットしていないと「スーツに着られている」という感じになり、非常に格好悪い。
背中はどんな具合かを鏡を使って後姿もしっかり確かめておく事が大事です。

できる男を演出するために

スーツの袖口からシャツの袖を1~1.5cm程度見せる

長すぎるとだらしなく見え、ジャケットが大きく見えてバランスも悪くなる。

ボタンは全部留めず、一番下のボタンを外す

すべてを止めてしまうと窮屈な印象になり、左右にシワが出る。
最近のスーツはそもそもが飾りとして設計、デザインされていることが多いため、一番下のボタンを外すことがマナーとなっています。

靴とベルトの色を合わせる

革の色と靴&ベルトを合わせると統一感がとれ美しくみえる。

前立てをキレイに開く

前立てがヨレヨレなのは「だらしなく見える」大きな要因となります。

トレンドを取り入れる

衿が細い(ナローラペル)スーツ

最近、衿が細いナローラペルが人気です。若々しいスッキリした印象になります。
※細すぎると顔が大きく見えるので注意しましょう。

明るいネイビー(紺)のスーツ

ユナイテッドアローズやビームスなどの有名ブランドも、多く取り扱っている紺のスーツ。
近年では明るいタイプのものが主流になっています。

やってはダメ!NGな着こなし方

ポケットに多くの物を入れる

重いものを入れるとスーツの生地は繊細で型崩れの原因になりますし、襟の美しいおり返しが乱れたり、全体のシルエットが壊れてしまいます。

シャツのインナーが見えている

下着がみえると格好悪く見えます。
襟元や袖の部分が目立たない形の物や、ベージュなどの透けにくい色のインナーがおすすめ。

靴の手入れをしていない

男性にとって靴というのは、その人の品格を判断するための重要なアイテム。
汚れや革の傷みなどを見れば、靴の手入れをしていないのは明らかです。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ビッシュさん

TV大好きっ子です♪いろんな事に興味深々♪あくまで個人的主観が多いので皆さん大目に見てね♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう