1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

今世紀最も熱い職業「データサイエンティスト」とは

今「データ・サイエンティスト」という職業が注目されているみたい。どんな職業か調べてみたところ、かなり面白い内容だったのでまとめました

更新日: 2013年02月09日

デュナズさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1465 お気に入り 160935 view
お気に入り追加

「データサイエンティスト」という職業が注目されているらしい

かつてないほどに情報が氾濫しているこの時代に「データ・サイエンティスト」という職業が脚光を浴びているらしい

大量のビッグデータに囲まれている現代、組織は新しいタイプの専門職を必要としている。それが「データ・サイエンティスト」と呼ばれる人々である

今世紀もっともセクシーな職業は「データ・サイエンティスト」

米国では2018年までに、高度な分析スキルを持つ人材が14万~19万人不足する

人材不足という点からも注目されてるみたい

「データ・サイエンティスト」とはどんな人?

サイエンティストというと実験や数式に向かっているという印象を受けますが、どうやら違うみたい

ビジネスで競争力を獲得するために、データ収集・分析、そして実行可能な情報を作り出すのがデータ・サイエンティストと言う仕事

データ・サイエンティストとは、高度な数学的素養を持ち、プログラミングに長けていて、好奇心旺盛で企業の経営にも興味を持つ、スーパースター

スーパースター!?なんかハードル高そう…

データサイエンティストについて一言で言うと、「データを元に様々な予測や判断を行うために必要な人」

こっちの説明だとハードル下がる

具体的にどのようなスキルが必要なのか?

特定分野(プログラミング)に特化していればいいというわけではなく、要求されるものは幅広い

データサイエンティストで重要なのは、「予測モデル」をつくれること

事業の成果を上げられるために効率的なモデルをつくりあげるのが大事みたい

経営や事業開発などに関するビジネス・スキル、分散並列処理やプログラミング等に関するコンピュータ・スキルが必要

データサイエンティストにはアーティスト的な直感が必要。科学者としての好奇心と、データを知見に変えて提示するための表現力、それにはアーティストとしての素養を持つ必要がある

理系×アーティスト的素養。面白そう

現状はまだまだニーズに追いついてないみたい

「データ・サイエンティスト」という新しい職業の出現にまだ大学や会社の教育体制は追いついていないようで、今後の展開が期待されている

データ活用に積極的な企業はすでにデータ・サイエンティストの獲得に乗り出しており、米国Googleや米国Facebookといった大手ネット系企業による争奪競争が加熱している

アメリカでは既に「ホットな職業」として認知されてるみたい

日本の大学には統計専門の学部がなく、数理統計をやるプロフェッショナルが大学から出てくることは少ない

企業が育てるのか、大学にデータ・サイエンティストを育成するカリキュラムを設けるのかは今後の展開次第のよう

今後は、データ・サイエンティストを養成する大学が増えてくると思われるが、それを待たずに、いまから積極的に確保していかないと、情報化社会では致命的な遅れにつながるおそれがある

ますますデータ・サイエンティストが必要とされる時代が迫っており、就職・転職市場は今後盛り上がりそうですね

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

デュナズさん

気ままに参加~★



  • 話題の動画をまとめよう