1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

どうしてシンガポールに企業やお金持ちが集まるの?

企業やお金持ちが集まる国として注目を集めているシンガポール。みんなが集まってくる秘密はどこにあるのでしょう?

更新日: 2013年02月09日

educatorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
767 お気に入り 200044 view
お気に入り追加

Photo by Jupiterimages / Photos.com

企業やお金持ちが集まる国として注目を集めているシンガポール。みんなが集まってくる秘密はどこにあるのでしょう?

英語が公用語

シンガポール建国の父リー・クアンユーは、同国が繁栄した大きな要因は国民が英語を話す社会へと舵を切ったことだと考えている。

「英語を選んでいなかったら世界に後れを取っていただろう」と、リーは先週、シンガポール英語研究所の開所式で語った。

Photo by Creatas / Creatas

どこの国にいようと外国人同士が会話をする時は英語。公用語が英語なので、英語で仕事ができる優秀な人材が多く、外国の企業も参入しやすくなっています。

地理的に恵まれている

Photo by GYRO PHOTOGRAPHY/amanaimagesRF / amana images

シンガポールには東南アジアの中心地であるという利点があります。

税制優遇

シンガポールでは、新たな起業を促進するため、優遇税制を設けています。

シンガポールの実効法人税率は現在では17%まで引き下げられており、わが国の現行の実効法人税率41%と比較すると倍以上の開き

Photo by Ryan McVay / Digital Vision

日本と比べてこれだけの差があれば、企業がシンガポールに進出したくなるのも理解できます。

機能的なハブ空港

1981年の開港以来、370以上の航空業界の賞を受賞! 世界一のサービス設備との評価も。

101のエアラインが60の国と地域、207都市に向かって週5000便以上の定期フライトを運行する

アジアと各国をつなぐハブ空港として高い評価を得ているシンガポールのチャンギ国際空港。
政策がないまま全国に使いもしない空港を造り続けていた日本とは違いますね・・・

シンガポールのねらい

外国人のお金持ちが来て、お金を落としてくれることに期待しているからです。

積極的に外資を誘致し、工業化の促進、輸出の拡大および国際金融市場の中心となることを目標としてきた

シンガポールの建国者、リー・クアンユーの奨めた政策がうまくいき、シンガポールはアジアの中でも経済大国となりました。
国のリーダーが誰になるのかが、とても重要だということがわかります。

シンガポールへ行くデメリット

Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

メリットがあればもちろんデメリットも。しかし上記のメリットに多くの企業やお金持ちが集まっているのでしょう。
資源がない日本も、こうやって知恵を使って稼ぐ工夫をしていきたいですね。

1





このまとめへのコメント7

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • kankeri02さん|2013.02.10

    カンボジアも今、続々と起業家が生まれています。
    http://www.kankeri02.com/

1

educatorさん

仕事に役立つ情報や、スキルアップにつながる情報をまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう