1. まとめトップ

【就活】就職活動で内定を勝ち取るためのエントリーシートの書き方

就職活動の最初の通過点とも言えるのがエントリーシート(ES)ではないでしょうか?そんなエントリーシートの書き方を解説しているサイトがいくつもありますが、役立ちそうなものをまとめてみました。

更新日: 2013年06月22日

step123さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
162 お気に入り 19420 view
お気に入り追加

就職活動におけるエントリーシート

就職活動では、1次選考として利用されることが多いエントリーシートは、とても重要である。

エントリーシートに記入する内容とは

氏名と連絡先・出身高校名と大学名(職歴)、取得資格と言った基本事項の他に、各企業が独自の項目があるようです。
その内容は志望の動機や自己PRの他にその企業分野に関連したことなども。

企業がエントリ-シ-トを活用する理由(目的)

志望者全員に配布し、同一条件で記入を求めるので、公平、公正選考ができる。
公開型、学校名不問にして、より広い地域と多くの学生に応募のチャンスを提供し、 優秀な人材を広く集めることができる。
履歴書はフォ-マットがまちまちのため比較しにくいが、企業独自の記入項目のフォ-ムは、 求める人材像の比較検討ができ、求める人材のみを選考できる。
エントリ-シ-トを提出後に採用情報の詳細な資料を送付する。
評価の高い学生のみ選考できるので、採用事務の合理化と採用費用の低減ができる。

エントリーシート道場の説明
ここで紹介するエントリーシート(ES)は、毎年、エントリーシート道場に送られてくるESです。
しっかりと書けているものもあれば、誤字・脱字の多いものもあります。
しかし、その多くは、何度も書き直した結果、選考に落ちないESに生まれ変わっています。
ぜひ、あなたも志望企業の内定に繋がるESの書き方を学んでください。

「通らないエントリーシート」を書かないために
知っておくべき4つのポイント

落とされる人のESはこうやって作られる!
間違った「時間の使い方」は取り返せない
「通るES」はこうやって書かれる~4つのポイント~
残り何週間あるかカウントしよう

99%の普通の大学生でも
「読ませる」エントリーシートは書ける!

普通の大学生でも「読ませる」ESは書ける!
相手に伝えるESを書くための4つのポイント
普通の大学生でも書くことに溢れている

書類も見た目が9割!?
確実に伝わるエントリーシートの書き方

内容と同じくらい大切な「見た目」
見た目がぐっと変わる三カ条
エントリーシートを楽しんで書こう。

~2013年卒が語るESの手引き~

当レポートは現就活生だけでなく
就活予備軍である大学1~2回生の方向けのアドバイス欄を加えて
就活開始期間変更され就活を実践した2013年卒第一期生が解説
就活の準備は早ければ早いほど内定獲得率が上がります
明日から直ぐに実践できる無料レポートとなっています

エントリーシート(ES)とは何かを理解する

選考に通過するためには、その選考がどんな選考かを理解する必要があります。では、みなさんが就活で必ず課されることになるES選考とは、どんな選考なのでしょうか・

ESの定義を言えば、企業が新卒採用で学生に求める独自の提出書類のことです。「学生時代に最も打ち込んだ ことは何か?」「当社を選ぶ理由」など、自己PRや会社への志望動機を問う内容が主流 です。 エントリーシートには二つの目的があります。1、足切り 2、選考資料 の二つの目的 です。

内定するエントリーシート(ES)の書き方 結論先行型で書く

ESを上手に書くコツをひとことで表現するなら「結論から書きましょう」となります。

内定するエントリーシート(ES)の書き方 具体的に書こう

落ちるエントリーシートと通過するエントリーシートにはある決定的な違いがあります。それは、通過するエントリーシートは具体的に書かれており、落ちるエントリーシートは抽象的に書かれているということです。
エントリーシートは具体的に書く必要があります。

エントリーシート(ES)の通過率がぐっと上がる文章の書き方

エントリーシートを書く上で意識しなければならないポイントは、選考者は「あなたのことを知らない」ということです。当たり前ですが、あなたのESを見る選考者はあなたのことを知りません。だから、書かないことは伝わりません。あなたのことを知らない人間に伝わるように具体的に書く必要があります。

エントリーシートを改善する3Sの法則

Straight(率直に)
Specific(具体的に)
Simple(簡潔に)

内定に繋がるエントリーシート(ES)の自己PR・強みの書き方

意識するべきポイントは3つあります。

最初に全体図がわかるように書く
具体的に書く
型を意識する

内定するエントリーシート(ES)の志望動機・志望理由の書き方

学生が思っているよりも志望動機は重要な項目です。なぜなら、企業がアルバイト経験やゼミ、クラブなどよりもずっと重視しているからです。リクルートの行った調査『就職白書』によれば、72%の企業が「企業への熱意」を採用項目として重視すると回答しています。

内定するエントリーシート(ES)の挫折・失敗経験の書き方

挫折体験を問う質問とは「あなたの人生の中で最も悔しいと感じたことを教えてくださ い」「あなたの人生で最も失敗したと考えることを教えてください。また、その失敗をどう活かしていますか?」と聞く質問です。

内定するエントリーシート(ES)のキャリアプランの書き方

企業の意図

キャリアビジョン系の質問が知りたいのは、「あなたの目標と会社のやりたいこと、会社 でやらされることがあっているか?」です。将来やりたいことは何か?なりたい人間像は 何か?ということを聞けば、その人間がどういうことに価値をおく人間なのかがわかります。

知らないと困る!エントリーシート(ES)を送付するときのマナー

書類の仕上げ
封筒の仕上げ


文字は縦書。数字は漢数字を使う。(ex 1-5→一の五)
住所は省略しない(ex ◯◯町 1-5-3→◯◯町 一丁目五番地の三)
送付先の宛名が中心にくるように
送付先の宛名の後に御中を。(様 御中は二重敬語なのでNG)
裏面左側に自分の住所・名前を
履歴書在中は赤字で書く
字が汚くて不安なら、必要事項をパソコンで書き、印刷して貼り付けてもOK

東証一部上場メーカー合格 エントリーシート

就職活動の厳しい世の中を乗り越え、東証一部上場メーカーの書類選考を通過し、内定まで貰ったエントリーシートを公開。
全く真似をするのは、個性がなく気持ちが伝わらないが、成功者の体験を模範とすることは好いロールモデルとなり、自分との比較がしやすくなるでしょう。就職活動中もしくは、転職活動をして、比較的大きな会社に入社したいと考えている人は、参考にしてみてはどうでしょうか?
こちら

エントリーシート添削実例 志望動機

エントリーシート添削1人目 「三菱東京UFJ銀行(インターン)」
エントリーシート添削2人目 「株式会社ニトリ」
エントリーシート添削3人目 「リクルート」
エントリーシート添削4人目 「JR東海」
エントリーシート添削5人目 「日本コカコーラ」
エントリーシート添削6人目 「ワコール」
エントリーシート添削7人目 「バンダイビジュアル」
エントリーシート添削8人目 「関西テレビ」
エントリーシート添削9人目 「武田薬品工業」

エントリーシート添削1人目 「個別指導塾での塾講師」
エントリーシート添削2人目 「日本中を旅した」
エントリーシート添削3人目 「ボランティア団体の運営」
エントリーシート添削4人目 「サークルの合宿の企画・運営」
エントリーシート添削5人目 「地域交流会の運営」
エントリーシート添削6人目 「陸上同好会での活動」
エントリーシート添削7人目 「自主映画の製作」
エントリーシート添削8人目 「東日本エリア来客数1位のお店に(マック)」
エントリーシート添削9人目 「スポーツ用品店の販売員のアルバイト」
エントリーシート添削10人目 「アメリカの美術館でのセミナー開催」
エントリーシート添削11人目 「カラオケ店でのアルバイト」
エントリーシート添削12人目 「フィリピンでのストリートチルドレンのお世話」
エントリーシート添削13人目 「ネブラスカ州の地域復興のグループ研究」
エントリーシート添削14人目 「ビラ配りのアルバイト」
エントリーシート添削15人目 「飲食店のアルバイト」
エントリーシート添削16人目 「スターバックスでのアルバイト」
エントリーシート添削17人目 「農業サークルの代表」
エントリーシート添削18人目 「触媒性能の向上に関する研究」
エントリーシート添削19人目 「スキー部のマネージャーの仕事」
エントリーシート添削20人目 「テニスサークルの大会運営」
エントリーシート添削21人目 「研究を頑張りました」
エントリーシート添削22人目 「フリーマガジンの出版」

1 2




学習に役立ちそうな情報をメインにまとめたいと思います。


NAVER リンク