1. まとめトップ

1. 建設のあらゆる分野に対応できること

多くの企業を内包することによって、高松コンストラクショングループで建設のあらゆる分野を一手に担える

西暦578年創業、あの世界最古の企業である金剛組もグループの傘下に

脈々と蓄積されたそのノウハウを活かし、現代でも寺社仏閣を手がける金剛組。多角的な髙松コンストラクショングループの象徴です。

2. 髙松建設オリジナル工法による高い安全性

低層の壁式鉄筋コンクリート造の基礎には、強度と経済性の両立を図った、オリジナルTFB工法を採用 (中略) 中高層の鉄筋コンクリート造のラーメン構造は、建築基準法で要求される、地震力を1.15倍として設計を行っています。1995年の阪神・淡路大震災が近畿一帯を襲った際にも髙松建設が阪神間に施工した108件のうち倒壊・半壊は1件もなく、はからずも高い技術力と安全性が証明された結果となりました。

3. 土地活用のノウハウや横断的な人材利用を活かした高い提案力

高松建設は土地活用において草分け的存在であると言われています。それを特集したのがこちらの動画。

社長のメッセージと、実際に若手が現場を任されている様子がこちらに特集されています。

社長の語る「新築ではなく補修のほうに今後は重点をおく」というのが興味深いです。人口も資源も減っていくのは自明のことなので、いまあるものを有効活用というのは非常に共感できました!

このまとめは『賢者の選択』学生スタッフによる製作です!

1





賢者の選択さん



  • 話題の動画をまとめよう