1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

心理学に基づいた部屋の片付けテクニック

部屋の片付け方法を見ても、面倒くさいなーとなかなか実践できません。他にも、部屋が散らかっていくのには、知らないうちに心理が働いていました。心理に基づいて片づけしやすくなる方法を探してみます。次こそは部屋を片付けたいと思います。

更新日: 2013年03月09日

Bridgetさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3522 お気に入り 544410 view
お気に入り追加

「片付かない」に潜む心理とは?

「面倒くさい」は物事を実行する直線にピークになる性質がある

「面倒くさいなー」と考えている段階から気持ちがどんどん大きくなっていくそうです。

人は、最初と最後を良くおぼえている性質がある

最初と最後に、難しかったり、面倒くさい作業をすると、それが深く残り、次に作業する時のやる気がそがれてしまいます。

物の吹きだまりを作ると、そこについ物を置きたくなる

積み重ねられた物の山は、「ここに物を置いてよい」というシグナルになってしまうようです。

面倒くさい、モチベーション低下を最小限に

散らかっている場所の中で、1番困っている部分から少しづつ片付ける

1度に完璧にしようとするのはNGです。

場所ごとに片付ける時間を決めて、その間は集中して片付ける

その時間を越えたら、スパっとやめて次の片付けに移りましょう。

最初と最後だけは、特に簡単な作業にする

簡単に片付く場所を、最初と最後にもってきておきましょう。

物がたまらないようにするのも大事

いつか捨てるものは即捨てる、捨てられない物は保留箱に入れる

保留箱はどうしても捨てられないものだけを絞って入れましょう。

棚などは収納できるスペースを常に空けておく

棚がいっぱいで入らないと、棚の上に置くことになり、散らかる原因になります。

帰宅後の放置をなくすには、動線に収納する場所を作ればOK

帰ってきてソファに座ると腰を上げたくなくなります。玄関からソファの間に、コートハンガーなどを置いて上着をかけれるようにするのも1つの手です。

参考サイト

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

Bridgetさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう